FC2ブログ

連載とイベントおしらせ

20190219IMG_1640_R.jpg
グリーンエイジで連載はじめました。題名は「アホガミ様とぴかったん~ひらめきと衝動の日々」です。
「子どもと木であそぶ」で紹介した遊びができる前の舞台裏を書いてみようかと
第一回目はどんぐり味噌ですが、どんぐり味噌の作り方とかではなくて、苦労話(笑い話)です。よかったら読んでください。

20190218IMG_1650_R.jpg
赤旗新聞に載りました。冬芽などが。

http://www.suginami-school.ed.jp/shouanshou/oshirase/kagaku_saiten1902.pdf
2月23日は杉並区の小学校で科学の祭典で、アオダモの蛍光ペンします。


http://www.suitahanamido.com/5940.html
2月24日は大阪で、吹田市みどりのまちづくりシンポジウムに出ます。
がんばっぺー

スポンサーサイト

カリン入りコフキチョコ

20190213P2130160_R.jpg
調査仲間に例のごとくコフキチョコをあげた。コフキサルノコシカケを模したトリフチョコと木材を模したバームクーヘン入り
白色腐朽を表現しております。

20190213P2130163_R.jpg
今年は小さめなコフキにカリンを煮たのを入れてみました。
20190213P2130165_R.jpg
味は自分で言うのもなんだか、マジでうまかった。カリンジャムとチョコは本当にあう!

セネガルの歯ブラシ

20190123P1230209_R.jpg
知人からセネガル土産だと、枝をもらった。
単なる枝ではなく、現地では歯ブラシとして売っているものだという。
これが?
20190131P1310067_R.jpg
特にこれは高いらしい。そうなの?!
現地ではこの枝をがしがしかんで、歯を磨くらしい。
「インフル予防にいいねー」と言ったら、
「特にこの高いやつは聞くかもしれない」と言われたんだけど・・・
かんでも、固いし、歯ブラシとしてどう使うのかいまだにわからない。

葉脈標本ラミネート箱作り

今日は江東区エコックルにて、木のお話とクラフト
葉っぱの話をして、葉脈標本を作り、ラミネートして箱を作った。
20190127P1270236_R.jpg
結構難しい箱に挑戦する人が多く、でもまあまあできていたのでほっとした。2時間で35分ぐらい話して、低学年の子たちだったけど、意外と積極的に答えてくれてよかった。のこりの時間で葉脈標本をつくって、型紙をきって、ラミネートにうつして、パウチして、きりとって折りたたんで、ボンドでつけてできあがり。手順がおおくて時間が足りなかったかな?でも箱1個はできたよね。2個3個は途中だったかな?
20190127P1270226_R.jpg
最後の15分は、駆け込みで夢中でつくっていて、作品を並べてゆっくり見ることはできなかったんだけど、
いいのたくさんありましたよー
20190127P1270234_R.jpg
しおりのリボンのつけ方が個性的なやつとか
20190127P1270233_R.jpg
葉脈をハリネズミにしたりしてかわいー
20190127P1270215_R.jpg
あと、ラミネートに挟んでパウチしないまま切ってしまうという失敗があったんだけど、紙と一緒にいれたらちゃんとパウチできました。
手順はちゃんと書いておくべきですね。
みなさん楽しんでくださったようで、良かったです。私もこれは新作だったので、時間などあまりよめてなかったのですが、わりとできるもんだなと思いました。今日の子たちは器用な子が多かったのかもしれないけどね。

20190127P1270224_R.jpg
スタッフの方々が手伝ってくださって、本当に助かった。ありがとうございました。
20190127P1270216_R.jpg
押し葉も作っていただきありがとうございました。次も使わせていただきます。

調査であった子(木)たち

20190111P1111639_R.jpg
毎日樹木調査の日々なんだけど、子どもが発熱してインフル?!だの、大学の願書の出し方がわからん!だの子どもらに踊らされております。んで、久々のブログ。
面白い木いっぱいいるんですよ。
↑右のほっぺがふくらんで、アメなめてるみたいですよね。棒は私がさしてみました。

20190123P1230192_R.jpg
こういうのも、じわじわ来るやつじゃないですか?

20190123P1230187_R.jpg
これは街の木ウォッチンググループにも出したんだけど、軍手が絶妙にかけてあって、かわいいです。
調査してるとやたら腹が減って、「おひるまだかなー」って言っているように見えました。

20190122P1220154_R.jpg
こんなケヤキも
20190122P1220156_R.jpg
とろけそうな雪だるまがみえたり

20190111P1111614_R.jpg
エノキの出べそを発見したり
寒いけど、来週もがんばっぺー


モーニングトウネズコーヒーは干芋の香り

20190106IMG_1446_R.jpg
年末のぎっくり腰からヨガをはじめ、腰痛ほぼ収まりました。「絶対安静なんじゃないの?」という痛みですが、腰痛は多少動いた方が早く治るらしいです(病状によるが)。50代のわがままボディがいつねをあげるかと心配してましたが、1週間の樹木調査も無事終わりました。
樹木調査でモーニングコーヒーを差し入れたのですが、普通のコーヒーではつまらないので、トウネズミモチコーヒーを朝みんなでのみました。樹木医は興味津々に飲んでくれるのでうれしい。
「干芋の香りがする」と言われ、まさにぴったり。トウネズの実を炒っているときは本当に干芋の匂いが部屋にたちこめます。

20190106IMG_1437_R.jpg
今年はシーズンを変えて収穫し、味をくらべてみました。やっぱり11月末収穫はまだ熟してなくて、苦みが強いです。これは3度ゆでこぼしてみましたが、色がだんだん抜け、コーヒー色が薄くなります。
20190106IMG_1436_R.jpg
12月半ば収穫のは2回ゆでこぼして、干して、炒って、ひいて、お茶パックに入れてお湯を注ぎます。

20190106IMG_1445_R.jpg
分量としてはトウネズ大さじ1でコップ1杯(約200cc)が、いいように思います。
20190106IMG_1442_R.jpg
これは出がらし
トウネズミモチは漢方でも使われているので、意外と樹木医仲間たちには喜ばれました。
そろそろ鳥たちがトウネズの実を食べる頃、まだ残っていたら収穫したいなあ。
また来週から調査が始まるので、ヨガ入れつつがんばっぺ


タラヨウ植えました

あけましておめでとうございます。今年も使える中高年目指してがんばるぞーと思っていたら、腰痛。イデデデ。一転使えない母となり、子どもらの世話に。
寄る年波には逆らえないのでしょうか?年末の樹木調査と障子張りでこのざまです。知人に腰痛は腰じゃなくて股関節。あと呼吸法だって聞いて、YouTubeで腰痛呼吸法で検索して出てきた呼吸法をしたら、痛みが軽くなりました。出産でも呼吸法が大事でしたが、深い呼吸が大事ですね。知人が行っている整骨院では頭痛以外はほぼ「呼吸法だ」と言われるそうですが、以外と本当だと思いました。
20181221IMG_1401_R.jpg
んで、年末待望のタラヨウの苗を買ったんですよ。↑小学校などで教材で使うために
ネットで買うとこんな感じで送られてくるんですね。

20181221PC211424_R.jpg
小さい苗です。オスかメスかもわかりません。
苗代1000円、送料1000円ぐらいです。
20181221PC211428_R.jpg
ねっこはこんな感じ。
20181221PC211433_R.jpg
モクレンさんを切ったので、日が当たるようになった場所に植えました。
(まだ腰が痛くなる前)
成長が遅い木なので、葉が使えるようになるにはまだまだ待たねばなりません。

つるは溝をとおる

20181225PC250051_R.jpg
あまりうまく撮れてないんだけど、真ん中のフェンスの柱の溝をとおって右側へツタが伸びている。
20181225PC250056_R.jpg
そしてフェンスの網を縫うようにして右の壁へ広がっている。
すごいねーと言っていたら、壁面緑化のプロが「鶴見植物は溝がすきだから、溝がある壁を作ってやるとまっすぐ伸びるよ」と言われ、
20181226PC260110_R.jpg
ほんとだ!ノウゼンカヅラが、溝に沿って上っている。
20181226PC260114_R.jpg
溝部分に水も通るので、水も得られてつるにとっては都合がいいらしい。
壁面緑化する人は知ってるんだねー

ユズ収穫

20181223PC231452_R.jpg
昨日は友人家族が遊びに来て、ユズ収穫。今年は豊作だ!友人がこれでポン酢を作ってくれる。
20181223PC231453_R.jpg
キンカンもとれて、子どもらバクバクくってた。自分の家の木の実の収穫は結構おっくうなのよね。人にとってもらうのはいいね。

20181223PC231447_R.jpg
小さいカリンパイを作ってみた。
20181223PC231450_R.jpg
こどもらこれもバクバク食べてくれてうれしい。

20181221PC211438_R.jpg
トウネズミモチの実を干しているのに手を入れるのが気持ちよいらしく、葉っぱもさらさらだけど、実もサラサラだ。
最近収穫したのをいって、コーヒー入れてみたら、案外好評で、出がらしにお湯入れて緑になることを発見した。
トウネズミモチコーヒーは、やはり収穫が早いと苦い。11月にとったらまだ熟してなくて苦みがつよい。取り頃は12月中旬以降だなと改めてわかった。

メタセコイアの冬芽は瘤取りじいさん

20181217PC171032_R.jpg
冬芽図鑑で見てはいたけど、メタセコイアの冬芽って、葉痕落枝痕の下につく。
20181217PC171037_R.jpg
2個ついているのもあり、こぶとりじいさんっぽい。
20181217PC171029_R.jpg
葉の下に芽があるでしょう。多くの木は葉痕の上に芽があるのに。なんでなんだろう?(←後で落枝痕とわかり、枝なら枝下に芽があっても普通と思いました。ご指摘ありがとうございました。)

20181217PC171043_R.jpg
メタセコイアの枝を見ることができたら、ぜひ見てください。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR