FC2ブログ

ブログ引っ越しました

20200223P2230281_r.jpg
ブログ「街の木コレクション」↓に引っ越しました!
よろしくお願いします!
https://namife.hatenablog.com/
スポンサーサイト



学校に植樹しました

20200307P3070426_r.jpg
本当は卒業生と一緒に植樹をやる予定だったんですが、中止となり、昨日保護者と先生方と作業を行いました。

20200307P3070439_r.jpg
みんなよく働くなー。最初4人ぐらいしか来ないと思っていたら、先生方もたくさん来てくださって、段取り考えてなくて、てんぱりました。すいません。


20200307P3070446_r.jpg
廃校になったソメイヨシノを接ぎ芽したのも、無事植えました。

20200307P3070458_r.jpg
約40種、88本植えました。
なんか楽しかったー
久々に人と会って、外で体動かした感じで
外出るの大事だね。花粉症だけど。

旦那のばあちゃんは晩白柚の皮だけ食う

20200206P2070003_r.jpg
造園屋さんに晩白柚をもらった。比べているの葉小さいハナユ。
20200205IMG_3556_r.jpg
木になっている感じはこんなだが
20200205IMG_3566_r.jpg
とるとデカい!
20200205IMG_3558_r.jpg
葉もでかい!
20200301IMG_3705_r.jpg
宮崎の旦那曰く「うちのばーちゃんは晩白柚の果肉は捨てて、白い皮を薄くスライスして醤油をつけて食べていた」とのこと
マジかー
20200301IMG_3708_r.jpg
これ捨てちゃうの?!すごく甘いとか酸っぱいとかないけれど、上品なおいしさだよ。なんか花の香りのような感じ
20200301IMG_3710_r.jpg
学校が休みになり暇な娘が手伝ってくれて、「白い皮はなんか鳥肌たった肌みたいー」とナイスな発言。

20200301IMG_3716_r.jpg
白い所を醤油をつけて食べてみた。
うー苦いー
どこがおいしいの?
ミカンの本場になると、ミカンに飽きちゃってこんなツウ?な食べ方になるのだろうか?
それとも宮崎の醤油はもっと砂糖が入っているから、もっと甘さがでるのだろうか?
それでも私は絶対果肉がうまいと私は思った。

ダニ部屋は触って確認

20200225IMG_3687_r.jpg
2月25日朝日カルチャーセンターで講座を行った。10種+7種ぐらい木を覚えてもらったのだが、どれも細かいところを見なければならず、自分も老眼なんだけど、申し訳ない欲求をしていた。
クスノキのダニ部屋をパワポで見せたのだが、なかなか見つからなくて、「手で触るとわかる」と言われた。
これは!なにげにすごい事ですよ。
まるで点字のように、ダニ部屋を読み取る。すごい面白い!
さすがですねー
20200225IMG_3688_r.jpg
木が大きくて、いつもはよく見ることがない木の葉をじっくり見れて良かったと言われた。

トウネズコーヒーとどんぐり味噌の試食も行ったが、マスクはもちろん手袋をして、希望者のみに配った。
しょうがないけど、どんどんやりにくくなる。
その後、学校休みになって、3日に予定していた卒業生の植樹も中止。卒業式も、定期演奏会もなくなり、
保護者で細々と植樹をすることになった。泣

ミカンの葉はけつあご

2008-107 012
マチモノさんの観察会で、ミカン類の葉って先をよく見るとへこんでるんだよ。と話したら、
20170610 008r
聞いていたJKが「ミカンはけつあごってことね。ザキヤマみたいな」と、ナイスな発言。その日の講師料はこれでしたね。
あざーす。
補足すると、レモンやダイダイはとんがりあごですね。

マチモノさんと遊んでもらったお

20200223P2230280_r.jpg
2月23日世田谷区の緑地で観察会をやりました。カキの葉痕は日に焼けたおっさんなので、探してもらいました。
20200223P2230284_r.jpg
カラタネオガタマノキについてたコナジラミの幼虫も見せました。頭のシラミとは全く違います。

20200223P2230296_r.jpg
切られたばかりのような切り株を触ると、心材部分は乾いていて、辺材部分はしめっています。
あと、中心部に
20200223P2230297_r.jpg
ウメの花のような年輪。コナラとか冬芽も5角形だから、それにそって年輪がつくとウメの花のようになるなーと思いました。カシワなんかもはっきりウメがみえます。あと、ブナ科の冬芽は5角形が多いと言ったけど、ブナやイヌブナは扁平な冬芽で5角形じゃないです。(補足)

20200222P2220278_r.jpg
樹木医仲間から、剪定したというタラヨウをたくさんいただいたので、持っていきました。緑地にタラヨウがあったから。
20200223P2230304_r.jpg
竹串で、思い思いのメッセージを書いてもらいました。
参加者は当初15人ぐらいだったのが、コロナで他のイベントがなくなり、まさかの参加者増加!
ご参加ありがとうございました。

山形で講演。の前に名木

20200221IMG_3672_r.jpg
2/22日の小学校イベント、2/29日の大分のイベントが無くなりました。21日の山形の講演は開催され、笑いとりました。本も飛ぶように売れ、ホクホク。講演会の前に国天のケヤキに連れて行ってもらった。東根小の大ケヤキ。幹周16mだそうだ。

20200221P2210205_r.jpg
学校だから、根元踏みがちなので、グレーチングで踏圧防止をしているらしい。
20200221P2210188_r.jpg
国天だとお金あるよねー

20200221P2210197_r.jpg
来た人がシールをはっていくやつ
20200221P2210198_r.jpg
ハワイ多!
20200221P2210192_r.jpg
パンフレットなども用意してあり
20200221P2210194_r.jpg
小学一年生なのに、うま!

20200222P2220269_r.jpg
そしてパンフレットの衝撃内容。ケヤキの葉っぱって食べられるんだー

20200221P2210207_r.jpg
裏からの方がよく見えるかも。学校側は看板が多くて幹がよくうつらない。

山形は日本酒おいしくて、漬物もたくさん買ってかえりました。スタッフのみなさまに手厚くお世話になり、感謝です。また行きたいです。



柏の宮公園で親子講座やりました

20200215P2150022_r.jpg
昨日は杉並区の柏の宮公園で、アオダモペンとムクロジ洗濯あそびをしました。

20200215P2150026_r.jpg
青い樹液をみたら、すぐに感想を書いてくれた子。

20200215P2150029_r.jpg
みんなが書いた絵を飾った。照らさないと何が書いてあるかわからないのが面白い。

20200215P2150025_r.jpg
みなさん結構じっくり書いてた。「もう飽きたでしょう」と言ったら、「あきませーん」と返ってきました。
20200215P2150033_r.jpg
つぎはムクロジであわあわぷくぷく。
知人に「あなただけだよ。樹木医で泡たててられるのは」と褒められ?
こりずに泡立ててます。
布を汚して、ペットボトルで一緒にシェイクして洗うのだが、布を汚す消し炭の感触にはまる子が多い。なんともいえない書き味なのだ。今回もおかげで汚しすぎ。消し炭でなんかやると面白いかもしれない。

むくろじせっけんは、お母さんたちの食いつきがよい。ただ、ホイップリンで泡立てると生臭いなんともいえない匂いがネックなのだが、「臭い以外の表現募集中です」と言ったら、「ドリアン」という意見が出て、確かに!でもドリアン嗅いだ人あんまりいないよね。
いい泡立ちなので、ローズマリーの葉を持ってくればよかったと悔やまれる。

来月7.8日この公園で炭焼きやるそうで、都会ですごいなー。行ってみようかなと思いました。

学校の植栽

20200208IMG_3623_r.jpg
中学の植栽ボランティア。UFJ環境財団から苗木をもらい、3月に卒業生といっぱい植えます。割竹もらったので、保護者たちと埋め、準備しました。ふいー

20190426P4260918_r.jpg
一昨年9月に廃校になった中学のソメイヨシノの接ぎ木も、ついに植えます。
20191216PC162473_r.jpg
接ぎ芽は4/40の成功率だったのですが、2本は都市緑化植物園、2本は中学に植えます。接ぎ芽をした子に植えてほしいけど、もう高校で忙しいかな?

20200208IMG_3624_r.jpg
保護者が種から育てたパンジー
20190506P5070607_r.jpg
種集めは一緒にしたけど、ここまで育てるのはすごいなーと
そして紫の花の種がよくとれたんだけど、割といろんな花が咲いていて、おもしろいっす。

かがくくらぶコスモ3回目終わりました

20200205IMG_3579_r.jpg
2月5日武蔵小金井で子ども向けの講座でラミネート箱をやりました。葉脈標本を作ってから箱を作ったんだけど、やはり時間が足りなかったなー。葉脈標本をはしょりたかったけど、かがくくらぶだから、標本づくりはやりたいと言われ。そっちに時間を取られてしまった。
前回「蛇の抜け殻を入れたい子は持ってきなー」と言ったら、持ってきた子がいた!下敷きにするらしい。かっけー

20200205IMG_3585_r.jpg
手順がありあすぎて、私の「言っとくの忘れてた!」が多くて申し訳ない。
でも形になっている!すばらしい!

20200205IMG_3581_r.jpg
これは大きいバックなんだが、めいっぱい葉っぱを入れていてかわいい。大きいのは2枚パウチする必要があって、完成までいたらなかった。おうちで作ってやってください。

20200205IMG_3588_r.jpg
接着剤を塗るのがかなりむずかしくて、スタッフがセロハンテープでやりはじめ、助かった。
そっかとりあえずテープでいいんじゃん!
と、またイノベーションした!ありがとうございます。
あと、型紙を写す時、油性より水生ペンがきれいだなと思った。
注意:ラミネートは開いて内側にペンで書かないと、ラミネーターにペンの塗料がついてしまって、次以降のラミネートがべっとり汚れてしまいます!絶対に開いて内側に描いて!

20200205IMG_3592_r.jpg
接着剤をつけて、密着させるため、大量に買ったクリップがいらなくなったが、気が付くとこんなふうに遊ばれていた。
やっぱ子どもはおもしろいわー
また懲りずに私と遊んでやってください。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR