不定根誘導支柱

20171111 179r
ガジュマルも沖縄で街路樹になってるのは初めて見まして。
20171111 178r
支柱されてると思ったら、支柱にそって根が伸びていました。
20171111 212r
腐りかけた支柱に根を張っていて、まるで不定根誘導処置?
20171111 213r
腐りかけの支柱をがっぷり利用しています。
20171111 215r
支柱の役割も沖縄だとこうなるのね。。。
20171111 244r
上の方は、しめつけられて、もうばっきばきに折られています。

20171111 207r
普通ならぶら下がった根はまっすぐ地面に伸びるところ、かつて支柱がされていたところは、斜めに根が伸びています。
スポンサーサイト

人生初沖縄

昨日まで知人の結婚式で沖縄に行ってました。人生初の沖縄です。空港に降り立ったとたんに知らない子(木)たちだらけです。樹木で道を覚えてきたので、ざわざわしてしまいました。沖縄ってこんなに植生が違うんだと改めて実感です。
「琉球の樹木」大川智史・林将之著を持ってきて良かった。持ってきて初めて気が付いたのですが、この本のボリュームにしては軽く、考えられてるなと思いました。
20171111 010r
街路樹に使われているトックリキワタ(南アメリカ原産)。葉が落ちてから花が咲く。実がさけると綿みたいなのが出てくるが、あんまり実はならないらしい。
20171111 807r
結構目を引くピンクの花。樹皮にトゲがある。

20171111 019r
モクレン?と思ったら、モモタマナ(コバテイシ、クワディサー)。
この木は人の泣き声を聞いて大きくなるという言い伝えがあるようで、昔は家に植えるのは嫌がられ、お墓に植える木だったようだ。樹木医仲間にモモタマナはお墓に植える木って知らなくて、学校に植えてひんしゅくをかったらしい。
この木だったんだと思った。
20171115 002r
あと、モモタマナの実がウルトラマンのモデルになったって本当だろうか?実はオオコウモリが食べるんだって

20171111 592r
きれいな赤い実はミフクラギ(オキナワキョウチクトウ)。果実は強い毒があるらしい。海流散布。

20171111 186r
モンパノキ。つぼみ?がウミブドウっぽい。
20171111 601r
アダン。海岸にたくさんはえていた。
20171111 444r
タコノキかなと思ったのはだいたいビョウタコノキ(マダガスカル原産)でした。街路樹にも使われていて、立ち姿がハニワっぽい。
20171111 786r
実がぽろぽろ落ちていて、黄色くていい匂いがしてる。
20171111 775r
パイナップルみたいだけど、食べないみたい。
20171111 030r
街路樹のホウオウボク(マダガスカル原産)。さやがでかい。
20171111 240r
テリハボク。葉っぱの葉脈がきれい。樹皮がブナ科みたい。しわしわの実がころがっていた。

20171111 791r
フクギは、のっぺりとした分厚い葉が密についていて、樹形がくろっぽい。防風林として植えられる。低木のほうはマサキ。マサキも沖縄のは幅広で、マサキなの?と思ってしまいました。

これまで本で見ていた樹木も、こうやって使われたりしてるんだと実感できて面白かったです。沖縄に誘ってもらってありがとうー感謝ですー

トトロな窓辺

20171110 009r
植木鉢にいろんな種まいて、芽生えるのを眺めるのは楽しい。窓辺に置くといつも眺められてよい。子どもらも「これはまあまあいいね」と了承してもらっている。旦那は反対しているが・・・この前来た高校生たちは「トトロみたい」と褒めて?くれた。
20170830 260r
夏8月22日にキリの種をまいて、↑は8月30日。めっちゃ小さい。最初はこんななのだ。
20170908 081r
9月8日。
20170911 019r
毛も生えててかわいいでしょー
20170913 091r
こんできたので、間引いた。
20170917 020r
9月17日。一つだけ大きくなってきた。大きいのを残し、何度かまびいた。
20171012 037r
10月12日。結構おおきくなってきた。
20171110 010r
今日2本にした。本当に少しずつ葉が大きくなっている。
キリの成長を見るのは楽しいなー
20140722 020r
ここまで育ててみたいものだ。

なんちゃって鉛筆

20171021 040r
学校で刃物を使うのってNGなことが多くて、子どもたちにも鉛筆ぐらいは削って欲しいなと思っていて、
そうだ!クスノキなら削ればいい匂いがするから、削るのが楽しくなるんじゃないかと「クスノキの鉛筆作ってー」と方々で言っているのだが、芯を入れるのが難しいので、もういっそのこと芯を入れない鉛筆でいいじゃんと作ってみた。
20171025 018r
やっぱり、クスノキは削っているときはすーっとするいい匂い。削った鉛筆はしばらくするとにおわなくなるけど、削るとまた香りが出る。タッチペンとして使ったらと思ってスマホでやってみたが、ダメ。でもDSは使えた。DSのタッチペン作りならいけそう。
20171102 014r
鉛筆自体が書けなくても、書ける葉っぱがあるじゃないかと、とんびさんにヒントをもらい、タラヨウに書くとなんか楽しいぞ。
ムクの葉で磨いたヤマザクラの枝でなんちゃってペンを作ったが、サクラは固くて、削るのが楽しくない。でもムクの葉で磨いているからすべすべで気持ちいい。穴を開けてひもを通してペンダントにしたいね。
トンビ氏はシラカバなどいろいろな枝でペンを作りまくり、今度のポプラボに持ってきてもらい、使おうと思ってます。

体験ふしぎ樹木報告

11月4日昨日、「体験ふしぎ樹木」イベントしました。
20171104 012r
参加者はだいたい森林インストラクター、あと一般。スタッフ合わせて30人ぐらいでした。
20171104 034r
葉に字をかくのと、ムクの葉でサクラ磨き
20171104 020r
ムクロジ、エゴノキ、サイカチで洗濯。
20171104 037r
アオダモの蛍光ペン、アキニレの接着剤の3つのグループに分かれて回ってもらいました。
20171104 065r
私はアオダモ担当です。昨日たまたま近所の人がオリーブの枝を剪定していて、いただいた太い枝を試しました。
20171104 095r
オリーブは細い枝ではほとんど青い蛍光物質が出ないのですが、このぐらい太かったら確認できます。極太のペンですが、書けるほど出てくれないのが玉にきず。
20171104 046r
傘に星を書いてもらったのですが、はじいちゃって、そして乾くと消えてしまいました。
ブラックライトの下で、この枝をふったらペンライトみたいにならないかという意見も出ましたが・・・どうなんでしょう?面白いけど。

20171104 092r
爪に塗る人もいましたが、お肌に良いか悪いかは不明です。

20171104 075r
塗り絵をする人がいて、ナイスアイディアです。文字や絵がはっきり出ずらいこともあるから、塗り絵はかなりよいです。
なんか塗ったら面白い絵ないかな?光らせると笑えたりするといいよね。

ちなみにこの絵は、流れを説明するために私が書いたのですが、真ん中の絵について言い忘れてた。
木の実の石鹸遊びで、ムクロジを足で割るのは子どもにはかなり大事で、省かないで欲しい行為です。以前、すでに種を取り除いたものを使ったら、木の実だと思ってなくて、「木の実なの?」と後で気が付く子が続出でした。自分で割って、しかも足で割るのは楽しいので、やらせてくださいね。うちの息子も「足でつぶすの、大事だよね」と言っておりました。

20171104 082r
それから、まだまだ未完成のプログラムのアキニレの接着剤。アキニレの内樹皮を叩いて接着剤代わりにしていたようですが、たくさんアイディア出ました。
濡らしてぬるぬるだけをとり、ノリの代わりにして紙をくっつけたらどうか→くっつかなかった
封筒のふたみたいにのせてはどうか→くっついた でもラブレターにはさすがに使えない。アオダモの秘密文書を入れる。
ガラスに葉っぱをくっつけてはどうか→くっついた でもガラスが汚れる?
樹や葉っぱをくっつけてはどうかと
20171104 115r
このような作品ができました。
子どもむけのクラフト教室などで、接着剤は使いたくないというニーズもあり、あまり強い接着力はないのですが、造形的には面白いものができるかもしれません。(今の接着剤がつきすぎなんですよね)

いろいろな素材を持ち込んで行った今回のイベント。指導者をやってる人も多かったので、たくさんアイディアが出ました。今後も面白いアイディアの情報交換の場にしてけないかなと思っております。年3~4回ぐらいできたらいいなと計画中。次はあやしい新年会?

散歩が楽しくなる街の木ウォッチング講座報告

11月3日に西荻窪の「もりのこと」にて、講座しました。
20171006 047r
モクレンの葉を使ったランプが素敵です。
IMG_1791r.jpg
最初に話をして、外に出かけました。雨も心配されたので、一応室内向けのも用意したので、少し紹介しました。ムクロジの洗剤と、オリーブ。まるで通販みたいになってしまいました。
20171006 053r
下見の時に見たリュウゼツランは切られてなかったのですが、さすがに道路沿いなので、当日は切られてました。
リュウゼツラン(アガベ)についてネットで調べてみたら、メキシコ、中南米原産で、現地ではかなり使える植物。リュウゼツランの仲間のテキラリュウゼツランは、テキーラの原料になるそうです。葉をそぎ落とした元のところを使うようです。このリュウゼツラン(アオノリュウゼツラン)でも花の柄をサトウキビのように食べたり、アガベシロップを作ったり、プルケというお酒も作れるようです。
切った葉っぱをしぼって、洗剤にしてたとか書いてあったので、葉っぱもらいたかったなーと残念に思いました。下見の時に話たのになー
20171006 050r
このピラカンサも確か30年とか家の人が言ってたと思います。ヨーロッパ~西アジア原産
20171006 051r
すき間生活30年。苦労人だと思います。

IMG_1820r.jpg
中でも外でも時間がオーバーしてしまいました。すいません。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

出ましたトリコデルマちゃん

20171022 184r
10月22日に白紋羽病菌の勉強会で、枝挿入法(トラップ 枝を罹病した木の根元に刺して、枝についた菌糸をみて白紋羽か確かめる)で使った枝をいろいろいただき、トリコデルマが出ないか持って帰った。
20171024 005r
10月24日。お風呂の残り湯にまとめてドーン。4本の枝には、ナラタケ、なんでもない菌、白紋羽菌がいる。

20171022 204r
本当は罹病根でやる方法ですが、まあ, ためしに。

20171024 003r
45度で1時間放置。白紋羽菌は32度で死ぬらしい。

20171024 007r
1時間たったら、引き上げて、濡らしたキッチンペーパーを入れたタッパーに入れ、
20171024 008r
ビニールにくるみ、15度。(といっても適当)本当は15度より低いとうまく出ないらしい。
光も必要らしく、寒い日は夜だけコタツにINしました。でもこたつに入れると乾きすぎます。水をしゅっと吹きかけました。

20171029 021r
10月27日4日後、ふわっふわの菌糸が出てきました。なんの菌だかわからないですけど。

20171029 190r
10月28日。なんと白い菌糸の上に覆いかぶさるようにトリコデルマ菌が現れました!青緑のやつがトリコデルマちゃんです。

20171031 004r
おおーまさに菌糸を食べてる感じがするー

20171029 201r
この時は長雨で、台風が2つも来て湿気がひどくて、せっかくプログラムで使おうと思っていたら樹のスライスが菌まみれです。

20171031 084r
もしかし、この菌もトリコデルマちゃんの餌になるかな?と横に置いて見ました。10月29日。

20171102 008r
11月2日。トリコデルマちゃん、うつってました!
トリコデルマは何でも(白紋羽もナラタケもなんでもない菌も)食べるみたいですが、思ってたより出るのは日にちがかかるなあと思いました。寒かったからなあ。
しかし、変形菌を飼ってた時を思い出してしまいました。なつかしいなあ、タツヒコ(かつて飼っていた変形菌の名前)。

お菓子は木の実アソート(はずれ入り)

20171031 073r
ハロウィンで、お菓子くれって言われて、これ渡したらドン引きよね。木の実アソート。炒った木の実を詰め合わせてみました。
20171031 074r
ハロウィンぽくおいしくないのを混ぜてます。どれでしょう?
20171024 012r
この前、小金井公民館で話をしたときに、小さい子が来てて「こんなかにまずい実が入ってるけど、どれだと思う?」ってやってたら、意外とくいついてくれました。まずいのを知るのも大事ですよね。そうするとどんぐり覚えるし。

まずいのは、真ん中の写真の左下のウバメガシのドングリです。私が食べたのは苦くて、ずーっと後をひいてましたが、友達に食べさせたら「そんなに苦くない」と言ってました。どんぐりの味も一様ではありません。
一番食べるのに苦労するのは、真ん中の黒いムクロジの種です。黒い横の丸いのが中身で、食べられます。結構炒ったので、大豆のような味になっていました。

サンシュユヨーグルトやってみた

サンシュユといえば、枝に植物性乳酸菌がついていると言われ、以前テレビでも取り上げられていました。
20171029 017r
ネットでやり方をみて、適当に作ってみました。ヨーグルトはよく作っていたので、できるかなと。
沸騰させた牛乳を人肌にさまし、軽く水洗いして水気を拭いた枝を入れました。ビンは煮沸しております。これを、コタツに入れる。
20171029 154r
8時間では何もおこらず、そのまま放ってもうだめだろうなと開けてみたら、あれ?なんかヨーグルトぽいのできてる。匂いも悪くないじゃん。
20171029 162r
水をきって、
20171029 173r
沸騰させて人肌にさました牛乳を入れて
20171029 177r
ふたをしてつつんで、コタツにIN。だいたい8時間かと思いきや
20171029 186r
なんか行き過ぎたヨーグルトになっていました。時間かけすぎた。
20171029 203r
食べると、カッテージチーズです。塩をかけるとうまいかも。ちょっと食べておなかの様子をみよう。
しかし、このコタツにインしているときに、液が漏れていて、カーペットが異常にナンプラー臭くなってしましました。
最初原因がわからず、「誰よ、ナンプラーこぼしたの!」って息子に怒ったんだけど、原因は私でした。灯台下暗しです。
おかげで息子にひどく怒られました。すいません。
しかし、牛乳と枝で、なんで魚臭さというか、ナンプラー臭くなるのかが謎です。植物性乳酸菌の臭いなのでしょうか?
出来上がったのは、ナンプラー臭くないんですよね。乳清みたいなのがやたら匂います。
でも私はナンプラーが大好きなので、悪い匂いに思えないんですが、ヨーグルト的には失敗なんでしょうね。

*一応少し食べてなんともなかったですが、もしマネされる方がいたら、嗅覚をとぎすまし、腐臭がしたら食べないでくださいね。
ナンプラー臭もよくないと思います。

サンシュユはいまいちジュース

この前、ぶどうの魔女ジュースを紹介しましたが、果物の皮には酵母がいるわけだから、その辺の食えない実ではどうなんだろうと思い立ち。
20131203 017r
毒ではないが、そのままではとても酸っぱくて食べられないサンシュユでやってみた。
20171013 188r
赤くなった2つぶを軽く洗い。
20171013 190r
ジュースに投入。クリップで蓋。一日一回シェイク。
20171020 002r
同じように発酵して、いい匂いしている。
20171020 003r
でもなんか味が水っぽいなー。
息子にも試飲させたが、「なし!」と言われる。
やっぱり、ブドウ系がいいな。この前もらったエビズルがやっぱりよくて、ずーっと増やして飲んでます。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、森林インストラクター第1期の試験を受け、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医になる。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社発行。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会発行(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR