FC2ブログ

MOKISARAコンサート最高

20191115IMG_3068_r.jpg
金曜下北に娘と友人とミキサラのコンサート行ったんですよ。待ちに待った♥
最初なみちえさんが出て、度肝を抜かれ、(私にとっては職業上かなり禁断の)「にがす!」がカッコよく。
ミスター芸大のミキヒト君のトークは楽しく、ピアノのさらちゃんはあんなにピアノのボキャボラリー多くて素晴らしいのに、トークの語彙が少なすぎて超かわいかったです。
コンサートも即興多めの攻めた内容は素敵だなあー
オールスタンディングは年配にはやや厳しかったけど、身体鍛えてまた来ようと思いました。
20191117PB171512_r.jpg
芸祭でもらったミキヒト面を持っていき、サインもらいました。ありがとう!わーいわーい。魔除けにしよう。

20191115PB151497_r.jpg
帰り、友人の知り合いのバーに行き、マツボックリジャムを食べさせたら、マツボックリジャムドリンクを作ってくれました!
きゃーすごーい。こんなおしゃれになるんだ。マツボックリも

20191115IMG_2962_r.jpg
マテバシイのどんぐり味噌も持っていったのですが、これはごはんと食べたほうがいいと言われました。
ちょっとしょっぱいので、確かにごはんとあうかも。
スポンサーサイト



先祖返りから戻り、また先祖戻り

20191015PA150820_r.jpg
カイヅカイブキという品種は、木質化した枝を切ると、そこからトゲトゲの葉が出てくる。先祖返りと呼ばれているが、枝をよく見ると、先祖がえってた枝からまた戻っている枝がちらほら。戻るんだ!
私の妄想で言うと「枝を切られて、もう良い子になんてできない!」ってのびのび野生児になったんだけど、やっぱり良い子生活が懐かしくなり、戻ってきたのだろうか?
20191015PA150819_r.jpg
いや、待てよ。これなんて戻ってからの先祖返りじゃないか。ある意味自由な生活を手に入れたのか?
気まぐれに良い子と野生児生活を楽しんでいるようにも見える。

20191015PA150732_r.jpg
昨日はどんぐりを拾いにいったら、見覚えのあるでっかい虫のうんこ。なんとカナメモチの生垣にオオミズアオが!きれー
じゃなくて、オオミズアオがカナメモチなんて食べる?初めて見たよ。
普通はモミジ、ウメ、サクラ、リンゴなどのバラ科、ブナ科、カバノキ科。食べなくもないのかな?
20191015PA160859_r.jpg
アオギリの実、マテバシイ、クヌギの殻斗。たっぷり収穫。うっしっし。

ムクで磨いた桜の枝のイヤリング

5/11,12日比谷公園にて、みどりの感謝祭に参加します。↓A5でこども樹木博士とムクの葉で桜の枝磨きやってます。
http://midorinokanshasai.com/annai/index.html

20190505P5050496_r.jpg
それで思いついて、イヤリングなどなど作ってみました。
20190502P5020117_r.jpg

20190505P5050451_r.jpg
なかなかいいねーと子どもらにつけてもらったが、あまりテンションあがってなかったな。

マチモノ秋のどんぐりんぐ会
10月7日9:30~
砧公園にて、午前中木の案内しますー
主催者: 街の木ものづくりネットワーク(マチモノ)↓
https://www.facebook.com/events/316362695807283/
緑と水のカレッジ講座
No.47 初心者向け樹木学 体験!樹木のふしぎ 秋編
10月12日13:00~

日比谷公園 緑と水の市民カレッジ
いっぱい匂いを嗅がせようと思ってます!まだ参加できそうですよー
https://www.tokyo-park.or.jp/college/2018/09/30no47-1.html
20181003PA020473_R.jpg
キンモクセイとギンモクセイを洗って干し中。当日お茶に入れて飲みます。


森林インストラクターによる講演・ワークショップ「森の案内人と、みぢかな樹木で遊ぼう!学ぼう!~生き物や暮らしとつながる、戸山公園の樹木~」

 またアオダモとムクロジとムクで桜みがきやりますー
開催日時:平成30年10月13日(土曜日)14時00分~16時00分
会場:新宿区立戸山生涯学習館戸山公園、戸山生涯学習館学習室C
内容:地域の情報拠点である公立図書館として、森林や木を使う文化、森を守る必要性への理解を促し、持続可能な地域づくりのための学びの場を提供することを目的に、森林インストラクターによる木や葉を使った実験や、戸山公園の散策を行います。
参加人数:40名(要予約)
詳しくは↓
http://www.rinya.maff.go.jp/j/tosyo/event.html

学芸大生活科授業その3

20180609 108r
ザクロ 硬くて赤いガクがたこさんウインナーと呼ばれる。硬いガクは鳥に蜜を盗まれないため。

20180609 113r
クサギ 葉っぱが臭いからクサギと言われるが、嗅がせてみたら「ポテトチップス!」
ピーナツバター、ビタミン剤、ブルーチーズなどと呼ばれる。

20180609 116r
ナツメ 葉を食べてお菓子を食べたら甘さを感じなくなる。実は赤茶色のすかすかリンゴ。

20180609 118r
アーモンド 若い実がぶら下がっている。
20180609 033r
落ちている種を割ったら、見たことあるアーモンド出てきた!
20180609 025r
蛍光の樹液が出たのはアオダモ バットの材料になる木 トチノキもペンになるよ。
20180609 121r
キノコがあったと聞いて、見に行ったらたくさん出てた。
20180609 130r
アメリカイロガワリかなあ?イロガワリは青く変わるんですよね。

暑かったけど、1日お疲れ様でした。レポート頑張ってください。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR