FC2ブログ

イベントのお知らせ 韓国は募集終了

woo文化部まつり 「子どもと木であそぶ」

8月31日13:30~15:30
お話&ワークショップ アオダモ、ナツメ、クスノキなんちゃってペン(予定)
近隣をフィールドワーク(天候により変更することがあります)
@世田谷区八幡山3-21-2
定員8名 要申し込み 参加費2500円(お茶、材料、1500円本つき)詳細は↓
woo文化部まつり

生態都市のための市民ワークショップ

9月3日~5日 @韓国 20年ぶりの海外だあ。たどりつけるのか?
20180811001_R.jpg

doma s cool 「木で遊びつくす!」

9月24日(月祝) 実妹のカフェでイベントします!島根にかえっどー
@ドマカフェ
島根県大田市三瓶町志学349

11:00~15:00
トークして、ランチして、ワークショップ!!!
ワークショップは
「アオダモ蛍光ペン」
「ナツメで甘さ忘れる」
「ムクロジ石鹸」・・
他アドリブあります!
参加費は、ドマカフェランチ付きおひとり3800円。
詳細はドマカフェブログ↓
http://domacafe.com/archives/65938685.html


スポンサーサイト

来週23日ラジオにでまーす

8月23日(木)JFN系列全国ネット番組『simple style-オヒルノオト-』 12:27頃~12:45頃(15分程)のゲストコーナーに出ます。
アオダモもっていくー「子どもと木で遊ぶ」の紹介してくれるそうです。東京での生放送なのに東京オンエアなしなんだそうで、不思議
番組HP: http://park.gsj.mobi/program/show/27304
20180713 009r
●番組は全国のFM局対応。 FM 青森・FM 秋田・FM 山形・福島 FM・FM ぐんま・FM 長野・FM 富山・ FM 石川・FM 福井・FM 岐阜・FM 三重・FM 山陰・FM 岡山・FM 山口・ FM 香川・FM 徳島・FM 高知・FM 長崎・FM 宮崎・FM 広島 (放送は東京から行っておりますが、東京でのオンエアはございません)

福島のタラヨウ

20180725 157r
福島白河に教員向けの講座で呼ばれ行ってきました。大学の友人のつてで行ったので、友人がいろいろ連れて行ってくれました。
ワサビ田からのせせらぎ、超涼しいです。
20180725 167r
街はカラカラに乾いているのに、ここは別世界。山水が染み出しています。水量はいつもより少なくなっているらしいですが、なんて尊い光景なんだろう。
20180725 147r
染み出てる場所を利用してワサビ田を作ったそうです。上のワサビ田は成長がいいが、下へいくほど無機養分がへるのか、成長が小さくなるようです。
20180725 161r
ワサビもいただきました。すりおろして、コンビニで買ったソバに入れて食べました。うんめー

20180725 110r
友人実家がやっている桃畑も。まだモモは早かったのですが、甘さ控えめの硬めのモモをたくさんいただきました。リンゴみたいに食べられます。
20180725 116r
おばちゃんが、「あまりないよー」と言いながらいっぱいくれました。これから甘いモモがたくさんとれることでしょう。桃源郷だわ。
20180725 070r
福島にはタラヨウは植えてないんだろうと思っていたら、名木になっているのがあって驚き。
20180725 075r
写真ではあまり伝わらないと思いますが、すっごく元気で立派です。お家の人が親切に「葉っぱもってけ」とたくさんくれ、講座で使いました。お家の人は「大きくなったから切りたい」なんて言っていて、不安です。

友人は先生やっているんだけど、なんか精神的に疲れてた。夏休みぐらいのんびりしてほしいな。
福島から帰ってきたらサウナ?と思うぐらい暑く、すぐに戻りたくなりました。福島やさしい人多くて、涼しくていいとこです!

夏休みにおすすめ本

20180405 085r
林将之著「五感で調べる木の葉っぱずかん」ほるぷ出版 3800円+税
3月に子どもと木であそぶ本を書いているときに林さんから届き、なんか勇気がもらえたっていうか。「おおー書いてんじゃん!私もがんばるぞ!」てなのりで、原稿進みました。林さんに感謝です。本当はすぐに案内したらよかったんだけど、今になってしまいました。夏休み前に見ると、いろいろ試せそうな本です。少々お高いので、学校や図書館でリクエストすべしです。

20180711 001rr
相沢悦子著「あたらしい草花あそび」山と渓谷社1400円+税
ツイッターでフォローしているんだけど、この方すんばらしいです。世界観がかわいすぎて、倒れそうです。いつも草花で作るかわいすぎるものたちに「ひー」と超音波のような声にならない悲鳴を上げています。
本は作り方が載っていて、子どもといっしょに作れそうです。フキのライオンとかすごいですよ。
でもなんかツイッターで見る世界観が半減している感じがするんですよね。本のデザインの問題かな?

どちらも夏にオススメ。
まあ、もっともおすすめなのはわたくしの「子どもと木であそぶ」
20180713 009r
発売もうすぐです。ドキドキ・・・括目して待て!

馬場先生の葉っぱ観察報告

20180711 002rr
樹木生態主催の信州大での葉っぱ観察会に行きました。
20180708 054r
馬場先生に本にサインしてもらいました。
20180708 061r
先生は始めるぞって時にほっぺが赤くなり、ちょーかわいいです。冬芽みたい。

20180711 004rr
さっそく驚いたのは左ウリハダカエデと右ホソエカエデ。ホソエカエデもウリハダカエデと思っていましたが、
20180708 056r
ホソエカエデは葉脈の分岐に膜があります!
20180711 006rr
カエルのみずかきみたい。毛はまったくない。
20180711 008rr
一方ウリハダカエデは、膜というより毛があります。
20180708 098r
サルナシの葉もよくマタタビだっけなんだっけと思っちゃうんだけど、葉脈にこんな硬い毛があったなんて、これで覚えました。
20180708 109r
難問はヤシャブシ(左)とクマシデ(右)です。並べるとなんとなく葉裏が茶色いのがヤシャブシってわかるけど、葉っぱ一枚だとわかんないなー。そこにチドリノキやエドヒガンなんて入ると、わかってると思っていた樹種がだんだん自信なくなる。チドリノキは対生を見ればすぐわかるんだけどね。ヤシャブシとクマシデは樹皮とか実を見ないと自信を持って言えないわ。
やっぱ本物を良く見るって大事だね。

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR