投稿第82号台風の余波

わだっちょから投稿がきてます。



台風のあと心配だったけど大丈夫だったのですが、
きのうの朝も元気な姿だったと思うのですが、
なくなりました。

と思ったら葉っぱが残ってました!
希望の光・・・

とのことですが・・・
IMGP7400_サイズ変更
え?これ、この前のミカンの木?なくなったの?展開早すぎ?

IMGP7373_サイズ変更
これ、この前投稿してもらった、在りし日のミカンの木。せっかく日が当たるところまで伸びたのに・・・
詳しくは投稿77号↓
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-479.html

IMGP7401_サイズ変更
ああ、根元から切れなくて、フェンスのラインで切られたのね。せっかくおつむに日が当たってたのにね。また日陰生活に戻ったんだ。

台風の後って、結構切られるんだよね。台風で平気だったというのに・・・台風に耐えたという実績は見てもらえず、とばっちりだけもらうのです。

わだっちょ、ありがとう!今後も観察をするんんだよー
スポンサーサイト

投稿第77号もっと光を

なんと、わだっちょから初投稿来ました。わだっちょとは、10数年一緒に里山管理などやってるんですが、植物覚えろって言っても全く興味を持たなかったヤツなのです。それが、私の本を読んでくれて、木を見るようになるとは!ううーきょーしせいかつ25年!(ど根性ガエルね)
不動のわだっちょを動かした私の本はすごい!奇跡だ!(まだ初版売れてないけど・・・)
メッセージを出し続けていれば、無関心にも届くこともあるんだね。希望の光を見たよ。



ちょうどいい瞬間を激写しました。
頭がなんとか日光に届いた木、名付けてなんとか木です。

とのことですが・・・
IMGP7373_サイズ変更
うわーこっちは希望の光というより、一縷の望み・・・
まわりは高いビルで、頭だけ日向ぼっこ状態なのね・・・
本人は日向ぼっこなんて悠長な状態ではなく、がむしゃらかもしれないね。
でも反り返って、おつむで光合成しているみたいで、笑える。

IMGP7374_サイズ変更
みかんの仲間みたいですね。誰かが植えたのかな?
良く見ると、上にあった枝が無くなって、下枝だけになり、こんなそりかえったような形になったんでしょう。

IMGP7376_サイズ変更
普通反り返っちゃったら、バランスを取るために傾きの反対側に枝を出すのですが、この環境じゃ壁側に出すことになるので、駐車場の方に枝を出している。

今後、実がなるんだったら光が当たるこの枝だけになるでしょうね。そしたら重くてバランス悪いねえ。実がついたらまた反り返るかもしれません。

続きがみたいです。わだっちょ、写真ありがとう。「今更おせーよ」とか言わないから、今後も観察するんだよー

投稿第70号逆転サクラ咲く

樹木医の小西朋裕さん(兵庫)より投稿来ました。小西さんはいつもキリのいい時に届きますねえ。前回は50号、今回は70号です。

「今年の一月に投稿いたしましたサトザクラの木が満開を迎えました。変な形はしていますが、それなりに見ごたえがあるものです。しかし見れば見るほど不思議な形をしています。」

前回の写真は↓これです。(幹の形がまがった理由を推察してます)
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-331.html

関山4-28 (2)_R
異様な幹の形とは裏腹な、ピンクのかわゆい花!カンザンだったんですね。

カンザン (5)_R
下がったとこから立ち上がって、見事に咲いているじゃあないですか!逆転ザクラですよ。

カンザン (4)_R
花が咲くと、しれっとオシャレになっちゃいますね。お化粧上手なのかも。
本当に不思議な空間を作ってますね。
この桜、待ち受けにしたらいいかも。へこんだときに見たいです。
小西さん、満開のときを見せていただき、ありがとうございます。またよろしくお願いします。

葉桜イナバウワー

ツイッター始めました。フェイスブックと連動するんですね。なんか感動。両方ともいまだに使い方はわからないのですが、どきどきしながらやってます。

20120425 117_R
花吹雪の中のイナバウワーを、と思ってきたら、完全に葉桜でした。遅すぎました。残念。
この木はヤマザクラで、フィギュアスケートのイナバウワーに似ていると大学生が命名した木です。傾斜して枝でバランスを取ろうとしてます。絶妙なバランスがイナバウワーと名実共にぴったんこ。

20120409 249_R
4月9日に来たときは、まだまだだったのですが・・・まあ、そんなにちょくちょく来れないしね。
来年こそは満開の時に来るぞ!満開イナバウワーを撮るのだ。

すごい咲き方

この木は前に、傾斜木で紹介したかんもしれないけれど、もう一度続きを

20110302 015_R
2011年3月 こんなねころんじゃったモモ 根元は割れて、結構痛々しい。

20110711 061_R
2011年8月 寝転んでも頑張って葉を出してます。

20120409 184_R
そして、2012年4月 咲いてるじゃないですか!ここまで倒れてたらあの台風とか、この前の嵐とかで倒れててもおかしくないですが・・・逆に風当たりは受けないですんだのかな?

20120409 187_R
しかし、すごい咲き方です。倒れても咲くですね。なかなか良い花見ができました。

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、森林インストラクター第1期の試験を受け、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医になる。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社発行。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会発行(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR