FC2ブログ

行き倒れのハイビャクシン

初部活やりました。
20160104 042r
某小学校のハイビャクシンが、「どうしたんだ?何があったんだ?」と言うくらい元気がなく。
なんか行き倒れてるみたい。(ハイビャクシンは這う性質があるので這いビャクシンというのですが)
20160104 038r
見渡すと奥の列は元気。
ははー駐輪場があるから、ここから近道でハイビャクシンのところを踏んで出てるな・・・
ここだけ激しく踏まれちゃって、こんな息絶え絶えな感じになっている。
学校は想像以上に大勢が踏むからねえ。ちょっとした環境の違いで、こうも違うんです。

20160104 097r
気になる壁。なんで崩れてるんだろうと近づいてみると、近所のおばちゃんも近づいてきて
20160104 098r
「ここにサクラがあったんだよ。」と教えてくれた。昔太い幹があったのだろう。サクラをよけて塀が作られたのだろう。腐ってしまって折れたのか、太い幹はなくなったが脇にヒコバエが伸びている。まだ枯れてない。

私らがサクラの芽に毛があるない等と話していたら(ソメイヨシノは毛があるが、ヤマザクラは毛がない)
おばちゃんが
「毛?!毛?!サクラに毛?」とあんまり驚くもんだから、こっちも驚いて、なんだか説明が長くなってしまった。

20160104 114r
アジサイの葉痕を撮ってみたら、割といっちゃってる目をしてる。
どこ見てるんだろう。
スポンサーサイト

ツインミズキ

P1060173_R.jpg
2007年4月28日 建物の間のミズキ2本

20130429 032_R
2013年4月29日
6年後 右のミズキがやや勝ってるようだ。
建物に囲まれているから、建物から出てからの競争が激しいような感じがする。

真ん中が勝ち残る

P1040071_R.jpg
2006年12月 ばっさり切られたシラカシ・・

2008-0208 031_R
2008年2月には一番右の木の上の方が枯れちゃった。

20090623 033_R_R
2009年6月 下枝だけは緑 まだ生きている。

20110215 022_R_R
2011年2月 その枝も枯れ、完全に右端のシラカシは枯れた。普通、こんなふうに並んでて、強剪定されたら負けてる真ん中が枯れるパターンが多いのだが、右端の木は駐車場に近いせいか、根も踏まれるし、幹に大きな傷もあったんで、その分不利だったのかもしれない。

20120627 005_R
そして今日2012年6月 右は枯れているんだけど、注目すべきは真ん中の変化。
はじめ3本並んでいるときは明らかに負け組だった。それが右端が枯れたおかげで日当たりがよくなって、6年目にしてこの成長ぶり。確かに切られてからの出足は遅いが、常緑広葉樹はこんなもんかもしれない。葉にコストかけてるからね。
強剪定はどの木にも負担で、現に右の木は枯れちゃって、そんだけリスクが高いんだけど、真ん中の木にとっては、不幸中の幸いがあったんだね。

投稿第69号肩身せまし・ひろし

うさこぉさんから投稿来てます。ありがとうございます。

でこぼこコンビの漫才師みたいでおもしろい。
向かって上手が肩身ひろし、下手が肩身せまし。
ふたり並んでるけど、左のネズミモチ?と桜も含めてみんなやや右に傾いている
のがキュートです。
まるで、マイコォ・ジャクソンのスムースクリミナルみたく V(^^)

とのことですが・・・
肩身ひろし・せまし_R
これ、同じ時期に植えられたソテツですよね。ソテツ植えるのに時期をづらさないですよね。
右のひろしがのびのびして、成長良いのに、左のせましは日陰なのか成長遅いですね。それに2人とも葉を取られて、カリアゲみたいにも見える。
少しの差のようで、こんなに差ができちゃうんですね。面白いです。

引き続きせましとひろしの漫才をお楽しみください。


はぁ~い、どぉもぉ。
かたみ ひろしです。かたみ せましです。
ひろし:なに喜んでんの?うれしそうに手ぇ上にあげて。
せまし:ちゃうちゃう。お隣さんに遠慮してるだけや。
ひろし:きみも僕みたいにゆったり手ぇ広げたらええのに。肩凝るやろ?
せまし:なで肩やから、肩凝らんねん。
ひろし:さよか・・・落ちがない。すんません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木琴シュロ

昨日マロンさんが運転中に発見したシュロ
20120321 077_R
トウジュロかな?1列になってるから植えたんだと思う。
みごとに階段状になっていた。

20120321 076_R
同じ時期に植えたんだと思うが、こんなに違うもんなんですね。
左にカキノキがあるので、そのせいで左側のシュロは成長が遅いのだろうと思う。

マロンさんはすでに「木琴」と呼んでいた。うまいなー

シュロの幹は鐘つきになるけど↓
20100105+153_R_convert_20120322160446.jpg
たたかれる方に例えられるとは思わなかったよ。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR