FC2ブログ

学校の植栽

20200208IMG_3623_r.jpg
中学の植栽ボランティア。UFJ環境財団から苗木をもらい、3月に卒業生といっぱい植えます。割竹もらったので、保護者たちと埋め、準備しました。ふいー

20190426P4260918_r.jpg
一昨年9月に廃校になった中学のソメイヨシノの接ぎ木も、ついに植えます。
20191216PC162473_r.jpg
接ぎ芽は4/40の成功率だったのですが、2本は都市緑化植物園、2本は中学に植えます。接ぎ芽をした子に植えてほしいけど、もう高校で忙しいかな?

20200208IMG_3624_r.jpg
保護者が種から育てたパンジー
20190506P5070607_r.jpg
種集めは一緒にしたけど、ここまで育てるのはすごいなーと
そして紫の花の種がよくとれたんだけど、割といろんな花が咲いていて、おもしろいっす。
スポンサーサイト



廃校の桜接ぎ芽の結果

昨年9月に行った廃校での接ぎ木大作戦。過去のブログはこちら↓
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-1533.html
その後を報告します。
20190506P5070579_r.jpg
中学生30人が30鉢接ぎ芽をして、成功は4つでした!まあ成功率1割は超えたってことで!パチパチパチパチ

学校は水やりなど不安だったので、半分植物園に依頼し、あづかってもらっていて、

学校ではすでに2鉢枯れたり、1鉢いなくなって戻ってきたり?なぞもありました。
1鉢も出ないのではないかと不安に思っていましたが、
P4170258.jpg
かろうじて1鉢葉が出ていて。あー良かった。
やはり数鉢はプロにやってもらわないと、と強く反省。
もし0だった場合、しかも廃校になった桜が伐採されていたら悲しすぎますよね。
でも、植物園のほうで3つ成功していてまたまたよかったわー
20190426P4260911_r.jpg
失敗してるのは、そもそもテープの巻き方が・・・ちゃんと上が巻かれてなくて、とれちゃっているものとか・・・

20190426P4260912_r.jpg
ちゃんとできてそうだけど、形成層同士がくっついてなかったんだろうねー
シーンとしちゃってる芽。待ってみたけど、出てきませんでした。

20190426P4260917_r.jpg
成功したのは、学校と植物園に分けて植える計画をしています。
成功した子のお母さん、めちゃめちゃ興奮して喜んでました。まだ桜は伐採されていないので、今年もできたらいいのになーと願うばかりです。

あんた誰ね?

昨日午後は、いきなり雪降ってきてさびかった。ここんとこほぼ、お外で樹木調査です。
20170210 037r
さくらの木のはずの調査対象。

20170210 035r
え?エノキの樹皮にエノキの実ついてる。樹種間違えてない?と聞いたら、「そんなはずはない!」と言われ、よくよく見てみたら、
20170210-037rr.jpg
このようにサクラとエノキが見事にくっついていました。
ツタのも絡まっているし、形もまるで1本の木の様で騙されました。
しかしこれどう測る?どう評価する?現場はいつも面白くも難問が待ち受けています。

20170210-004r.jpg
この木も、まるでニュージーランドの珍しいキノコ?と驚いたら、
20170210-006r.jpg
テニスボール2個挟まっているだけでした。
フェンスにめっちゃ締め付けられています。幸か不幸か幹が食い込むクッションのような・・・
来週もずーっと外だから、花粉症が心配です。花粉より寒い方がいいなあ。

ライラックはだいたいイボタノキになってしまう

ライラックは、イボタノキの台木に接がれているのですが・・・
20120506 040_R
20160718 014r
上がライラックなのですが、下から違う形の葉が出てきます。
20160718 016r
これなんて、上のライラックの部分は枯れちゃって、下のイボタノキだけになっています。

2007523 001
イボタノキはこんな花。

接ぎ木の場合、2種類の葉が出て「あんた誰?」状態がよくあります。

へそだし腹巻き

暑いですね。
20150714 329r
マロニエの通りで
20150714 330r
さらに暑そうな感じのトチノキ(ベニバナトチノキかな?)発見

20150714 332r
ちょいゆるめな腹巻をしているような幹。
下がトチノキで、上にベニバナトチノキを接ぎ木している。

20150714 334r
ちょうど位置が腹巻っぽいんだけど、腹巻の上に突起があり、へそみたい。
寝冷えしないように腹巻をしたけど、やっぱり暑くてへそ出しちゃった感じ?
この暑さだもの、腹巻を発想しただけで我慢大会ですわ。
そういえば熱中症が多いから、もう夏の我慢大会って死語なんかな?
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR