FC2ブログ

モーニングトウネズコーヒーは干芋の香り

20190106IMG_1446_R.jpg
年末のぎっくり腰からヨガをはじめ、腰痛ほぼ収まりました。「絶対安静なんじゃないの?」という痛みですが、腰痛は多少動いた方が早く治るらしいです(病状によるが)。50代のわがままボディがいつねをあげるかと心配してましたが、1週間の樹木調査も無事終わりました。
樹木調査でモーニングコーヒーを差し入れたのですが、普通のコーヒーではつまらないので、トウネズミモチコーヒーを朝みんなでのみました。樹木医は興味津々に飲んでくれるのでうれしい。
「干芋の香りがする」と言われ、まさにぴったり。トウネズの実を炒っているときは本当に干芋の匂いが部屋にたちこめます。

20190106IMG_1437_R.jpg
今年はシーズンを変えて収穫し、味をくらべてみました。やっぱり11月末収穫はまだ熟してなくて、苦みが強いです。これは3度ゆでこぼしてみましたが、色がだんだん抜け、コーヒー色が薄くなります。
20190106IMG_1436_R.jpg
12月半ば収穫のは2回ゆでこぼして、干して、炒って、ひいて、お茶パックに入れてお湯を注ぎます。

20190106IMG_1445_R.jpg
分量としてはトウネズ大さじ1でコップ1杯(約200cc)が、いいように思います。
20190106IMG_1442_R.jpg
これは出がらし
トウネズミモチは漢方でも使われているので、意外と樹木医仲間たちには喜ばれました。
そろそろ鳥たちがトウネズの実を食べる頃、まだ残っていたら収穫したいなあ。
また来週から調査が始まるので、ヨガ入れつつがんばっぺ


スポンサーサイト

ユズ収穫

20181223PC231452_R.jpg
昨日は友人家族が遊びに来て、ユズ収穫。今年は豊作だ!友人がこれでポン酢を作ってくれる。
20181223PC231453_R.jpg
キンカンもとれて、子どもらバクバクくってた。自分の家の木の実の収穫は結構おっくうなのよね。人にとってもらうのはいいね。

20181223PC231447_R.jpg
小さいカリンパイを作ってみた。
20181223PC231450_R.jpg
こどもらこれもバクバク食べてくれてうれしい。

20181221PC211438_R.jpg
トウネズミモチの実を干しているのに手を入れるのが気持ちよいらしく、葉っぱもさらさらだけど、実もサラサラだ。
最近収穫したのをいって、コーヒー入れてみたら、案外好評で、出がらしにお湯入れて緑になることを発見した。
トウネズミモチコーヒーは、やはり収穫が早いと苦い。11月にとったらまだ熟してなくて苦みがつよい。取り頃は12月中旬以降だなと改めてわかった。

ダネイホン的ケーキ

朝ドラのダネイホンに影響されて、いろいろまぜまぜしたケーキを作ってみたくなり

20181129PB290427_R.jpg
オニグルミ、サンシュユ、カリン、全粒粉などなど入れてみた。
20181129PB290429_R.jpg
パン焼き機で初めて焼いてみたが、なんか膨らんでない。ベーキングパウダーが少なかったな。

20181129PB290431_R.jpg
いろいろ混ぜたんだけど、結構偏りがあるね。
20181129PB290433_R.jpg
全粒粉が多かったから、ぼろぼろ崩れる。
でも家族には「重くてうれしい」と言われました。まずくはなかったです。

葉脈×ラミネート×箱×インテリアライト=アホガミ様

20181121PB210341_R.jpg
葉脈をラミネートした箱にライトを入れたらきれいなんじゃないかと、ダイソーに行き買ってきた。光の色がかわるやつ。

20181121PB210332_R.jpg
まるで最初からライトをいれるためのような形の箱。
20181121PB210326_R.jpg
これだったんだ。
20181121PB210325_R.jpg
ようやく答えにたどり着きました。逃避活動に終わりが見えてきました。
20181121PB210349_R.jpg
ライトはこんなの。ムクロジもあったので、ためしに乗せてみたら

20181121PB210346_R.jpg
緑がこわすぎる。

20181121PB210308_R.jpg
からの、封筒。箱じゃないのもいけそうです。これでようやく落ち着きました。仕事しよう。明日は140人?

サンシュユクッキー

20181120PB200305_R.jpg
アホガミさまのお告げにより、仕事をさぼってサンシュユクッキーを作ってみた。逃避あっての創造って言うんですか?素直に身をゆだねようと思います。
20171029 011r
サンシュユの実。普通しぶくて誰も食べません。
20181120PB200287_R.jpg
渋抜きしたのと、しないジャムをつくったので、2種類作ってみた。
20181120PB200291_R.jpg
こっちは渋抜きしたほう。色はきれい。後でこっちは入れすぎだったことがわかる。

20181120PB200293_R.jpg
左は渋抜き、右はそのままのサンシュユジャムが入っている

20181120PB200295_R.jpg
焼き上がり

20181120PB200299_R.jpg
子どもらに食べさせたら、娘「渋抜きのほうが酸っぱい。渋抜かない方がうまい」、息子「普通にどっちもうまい」
でした。サンシュユは酸っぱいからクッキーよりパウンドケーキがあうかも。
しかし、クッキーにすると渋さをあまり感じない。渋抜きしないほうがサンシュユって主張もあるし、しなくてもいいのかな?あんだけ渋抜きやったのに・・・まあへでもないやい!
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR