FC2ブログ

三瓶サヒメルで面白樹木探し

20181110PB100035_R.jpg
11月10日島根の三瓶自然館サヒメル主催「樹木医と行く!さんべの森たんけんたい2」をやった。いい天気で参加者20人ぐらい?

20181110PB100047_R.jpg
最初にパワポでいろんな形の木を見せたので、その中の「あくしゅ君」に似た木を見つけた子。

20181110PB100041_R.jpg
ハートを見つけたお母さん。これは枝2本がくっついて成長したのを切られたあと。まん中に線があり、ハートブレイク。

20181110PB100042_R.jpg
「あそこにカメが登ってます」と言う男性。マツのこぶ病でこぶになっているのだが、カメと言われるとひたむきに登るカメにしか見えなくなる。

20181110PB100045_R.jpg
「ひし形がたくさんある!傷だらけのスイカ」とウリハダカエデの樹皮を見て、言う子ども、」

20181110PB100051_R.jpg
ナナカマドの枝のあとのしわの部分を「さざなみ」と言っている子もいた。日本海の荒波を見慣れているから・・・さすがだなあ。

20181110PB100055_R.jpg
きーっと怒ってそうな怖い顔、

20181110PB100032_R.jpg
フクロウ?サル?そのほかにも宇宙人やいろいろ見つけた。下見では少ししか見つけられなかったのに、たくさん人の目があると、こんなにも面白い木が見つかる。特に子どもたちの感性は素晴らしい。ただ地域性?なのか「一押し教えてください」と言っても手をあげ積極的に「みてみて」という人はおらず、みなさんはたぶんひそかに見つけていただろう木をすべて紹介できなかったのは残念。

20181110PB100059_R.jpg
マツボックリで何か作ってる子がいて、それ何?と聞くと「森のおばあさん」。終わってから、そのおばあさんのかつら(栗のイガ)が無い無いと探していたので、そのへんに落ちていたカシワのかつらを渡したら
20181110PB100063_R.jpg
「大阪のおばちゃんになった!」と言っていた。
茶髪のくるんと巻いた髪がが大阪のおばちゃん?私はおかしくって、思い出してはにやにやしています。
参加していただいた方々、呼んでくださったサヒメル様、送ってくれた友人たちありがとうございました。
スポンサーサイト

ガムをかむ子、ゆっくりガムをかむ#サルスベリ

20090409 059_R
2009年にみつけたプレートを飲んでるサルスベリ。
20120112 066_R
2012年
20150820 213r
2015年
20181106PB060433_R.jpg
そして先日2018年 9年で2cmぐらい?やっぱり2020年までにはかみ終わらないな。

足湯ふやける

20150629 403r
20150721 079r
2015年ちょっとかわいい欅の足湯。根っこが地面に伸びている。

20180809111_R.jpg
2018年この前行ったら、足がふやけていた。足を長くつけすぎたか?
年輪成長でこう太るのね。膝小僧のところがくっつきそう。

私のイメージきつい?

珍樹ハンターの小山氏とFBのお友達になりました。↓小山氏ブログ 同じようなにおいがします。
http://chinjunomori.blog130.fc2.com/

20120422-154s.jpg
本も昨年出されていて、珍樹ブームが来るかもです。私はゆる木ャラと言ってしまったのですが、息子には「イタイ」と言われて、いまいちかなあ。珍樹にのっかっちゃおうかなぁ-なんてね。いろいろあってもいいですよね。

CCF20170206_00000r.jpg
ところで、NPO樹木生態研究会の会報で表紙を連載しているのだけど、編集の人から「もっと辛口で」と言われ結構書き直し、辛口でやり始めたら、「岩谷さんきついよね」というイメージになっているらしく、写真が集まらないらしい。
20101004-038_s.jpg
20130607-386s.jpg
ええー私なんて家族に「アホ天才」と呼ばれ、さげすまれ。子育てゆるゆると言われ。

樹木医会では「猛獣使い」と呼ばれ、おじさんたちの言い争いを仲裁し、褒めたおし、

旦那が引き出しを半分閉めただけで「半分もしめられたね!」と、拍手をして褒め称えることができる仏の心の持ち主なんですぞ!(逆に怖い?)

まあ、私もちょーしこいてた所もあったので、これからは褒めたおして行こうと思います。

いやーでも、この前も観察会で「もっと怖い人かと思った。」とか言われて、そんなイメージなんですかね。私?誰かと間違えてないですか?まあ、イメージされるだけでもありがたいと思うことにしました。
201200114-031s.jpg


ラインのスタンプ風パート6

使ってみると、必要な言葉が出てきて、
20120912-143_s.jpg
風邪も流行っているので。
20160408-103s.jpg
息子とラインするときは、だいたい決まった言葉。

20141030-106s.jpg
あと、同じ切り株で同じ言葉をつけても・・・
20160210-182s.jpg
まったく違う感じになるところが面白いなと・・・
切り株、古くなると怖いよー

20151207-228s.jpg
そして友達とラインをやっていると止まらないので必要なのがこれ。
ちょうどいいの見つけたぜ。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR