FC2ブログ

つるは溝をとおる

20181225PC250051_R.jpg
あまりうまく撮れてないんだけど、真ん中のフェンスの柱の溝をとおって右側へツタが伸びている。
20181225PC250056_R.jpg
そしてフェンスの網を縫うようにして右の壁へ広がっている。
すごいねーと言っていたら、壁面緑化のプロが「鶴見植物は溝がすきだから、溝がある壁を作ってやるとまっすぐ伸びるよ」と言われ、
20181226PC260110_R.jpg
ほんとだ!ノウゼンカヅラが、溝に沿って上っている。
20181226PC260114_R.jpg
溝部分に水も通るので、水も得られてつるにとっては都合がいいらしい。
壁面緑化する人は知ってるんだねー

スポンサーサイト



伸ばす散髪屋さん

写真 2018-02-24 14 42 14r
久々に途中下車してお散歩したら、いぎなりぼうぼうの散髪屋さん!ワイヤープランツを野放しに育てている店だ。
私の持論では、「床屋は髪は切るが、植物は切らないで伸ばす。」
写真 2018-02-24 14 42 49r
仕事で切るから、他では切りたくないのかな?いい床屋を発見した。髪が伸びたら、今度ここで切ろう。

ノウゼンカズラの乱

20170212 157r
樹木医仲間と「ノウゼンカズラ植える人の気がしれない。」「あれ、しつこいよねー。とっても根っこが残って出てくるし、ちょっと怖い人よね-」
なんて、話していたんだけど、ありました。ノウゼンカズラ公園(アメリカノウゼンカズラかもしれないけど、冬なのでわからなかった)。
しかも銀座。

20170212 110r
近くの木々などもツルに覆われた形跡があり、
20170212 111r
ツルは切られてはいましたが、春にはすぐに覆う気です。
20170212 129r
(アメリカ?)ノウゼンカズラの実もなっていて、(はじめて見ました。)
20170212 131r
さやの中は、飛ぶ種がぎっしり!これ、広がったらひどくない?ちょっと恐怖を感じました。ツルの生き方は、他の木などを足場にして、そのままでもずるいのに、種までもこんなにたくさん飛ばすなんて、強欲なやつやなー(あまり種はみないんだけどね)
これ、両方やられたら、侵略的外来種になるんじゃないかな?

公園中のハーブ畑にも侵入してきて、よもやノウゼンカズラの乱!

20170212 140r
ミントも逃げ出していましたよ。
ハーブ畑はノウゼンカズラ他、セイタカアワダチソウなどの外来種のみなさんも参戦し、戦国時代みたいでした。
銀座なのに。春はどうなっているのかなー。平和なハーブ園になっているのでしょうか?

巻き髭問題

20161129 426r
まきひげのように他のものにからみつく植物あるでしょう。ウリとか、ブドウとか。
20161129 429r
まきひげのクルクルは、なんでこんなにごちゃごちゃしてるんだろう?と疑問だったのだが、逆回転してちぎれにくくしていると本で読み感動。ちゃんと逆回転している。
しかし、これを言いふらかしていたら、「まきひげを持つ植物は、みんな逆回転しているんですか?」と、するどい質問。
ちなみに、これはカラスウリのまきひげ。ウリ科は逆回転していた。

2007630 134
ブドウも果樹は確認した。あと、図鑑で見る限りではあるがエビヅルもヤマブドウも逆回転している。
20170119 323r
ぶどうのまきひげ

20161204 024r
このまえ冬芽観察会でもらったヤマカシュウも逆回転していた。近いサルトリイバラもだろうか?サルトリイバラは冬は巻き髭が残ってないのよ。
あと、パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)のまきひげもちゃんと逆回転していた。
あと、何があるかなー

しかし、みんな逆回転していることにあらためて驚く。このひと手間は、それほど良いことなんだろうか。ほんとうにちぎれにくいのか、逆回転してないのと比べてみたいものだ。

のっとり犯検挙

20161021 125r
秋にはワイヤープランツに乗っ取られ、こんなだった植え込みが、
20161228 007r
年末「え?」てぐらいにスリムになっていた。乗っ取り犯が検挙されたのだ。

20161021 133r
こっち側も。
20161228 005r
ワイヤープランツは柵に合わせてカットされている。
被害者がフイリマサキだったとは、驚きである。フイリマサキの下はクリスマスローズも出てきた。
外からは、かけらも見えなかった・・・よく生きてるよ。

年末はのっとり木の検挙シーズンでもある。検挙されなければ、もっと幅をきかせていくんだろうなー。下の植物は気の毒だけど、どこまでやらかすのか観察したいという気持ちもあるのであった。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR