あなあなちゃん

そういえばこの空洞の木を紹介してないということに気が付き、紹介します。
遏ウ逾樔コ募・蝨・034_convert_20110731164244
2003年 公園のスダジイ。ほかの木に覆われてやや日陰に立っている木。
傷ついて穴になったのか、穴がぼこぼこ開いてます。なので、2003年からあなあなちゃんと呼び写真を撮り始めました。

20090927+011_R_convert_20110731164345.jpg
2009年 びみょーですが、穴が小さくなったと思いませんか?しかも下の穴は完全にふさがっています。以前は5か所開いていたのが、3か所になっています。

20100126+151_R_convert_20110731170719.jpg
木は力がかかるところを優先的に太らせます。根元の方を優先して太らせて巻き込んで穴を閉じたのではないかと思います。変化がないようで、結構変化を遂げているのです。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、森林インストラクター第1期の試験を受け、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医になる。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社発行。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会発行(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR