5本の競争その後

朝起きたら雪国でした。

銀行行かねばならず、うーんやだな と思ったけど、待てよ、写真撮れないかなと写真を撮る旅にしました。長靴はいたら結構楽しくなって、歩き回りました。店はすいてるし、案外用事がすんなり終わったです。
それで、今日は↓の続き
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-11.html

20111221 031_R
2011年12月5本の競争は左端が独り勝ちで、調子に乗って左に枝を伸ばし始め、さらにどっしりした感じに成長していました。それに比べて、他のはツルにまかれて葉が枯れたり、ひょろ長いなーと思っていたんです。

20120129 022_R
そして今日、ひょろ長の右2本が雪の重さでくにゃり
右側は風で傾いたり苦労が多い環境です。同じ場所のように見えても、わずかな差によって、人生(木生)が大きく変わってくるように思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、森林インストラクター第1期の試験を受け、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医になる。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社発行。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会発行(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR