FC2ブログ

孤独なキリ鉄

旦那に「わざわざ武蔵野線と京浜東北線で上野に行ったんだよ」とか「鶯谷で電車のドアが開いたら目の前にキリがあったんだよ!」と、線路でキリを探す「キリ鉄」の話をうかれて話したら

「おれには全く利用価値のない情報なんだけど・・・うれしかったのね」と言われ

そうだった。上野のワークショップでみんなに受けたので、少々浮かれちゃったのね。
「え!すごいじゃん」と旦那(普通の人)が言うわけないよねー 私ったら何を期待してたんだろう。

本来キリ鉄は孤独なのだった。

こうやってブログを読んでくれる人がいるってことの方が、おかしいのかもしれない。

なんて言いながら、オタク全開。
20120602 099_R
運命を感じた鶯谷駅。本当に自動ドアが開いたら、そこはキリの木でした。
下りずにいられようか!大荷物持って飛び降りましたよ。
石垣の上のこんもりしてるのがキリです。たぶん何回か切られて、下から何度も出てる感じです。

20120602 022_R
あと、武蔵野線新座駅は駅中に3本は、はえてた。

20120602 008_R
こんな風に電車が通るところで、でかい葉を広げようとしております。イケイケー 切られる前に稼ぐのだ。

朝霞駅のほうが乗換があるので、朝霞にキリがあると予想していたんですが、新座にあるとは!うーむ。

キリ鉄は孤独だけど、毎日楽しいです。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR