FC2ブログ

桐拓

20170822 079r
娘が夏休みの工作で何作ろうというので、この前ネットで見た葉っぱのプリントやろうと言うことになり、ぺたぺたやっていたらまたむくむくと私のアホ天才の血が騒ぐ。でっかいキリの葉っぱでやったら、魚拓みたいになるんではないだろうか?
わくわくしてきて、自転車飛ばして採ってきた。

20170822 058r
100均で買ってきたアクリル絵の具と生成りはぎれ(90×50cm)。はぎれはアイロンをかけて、葉っぱにアクリル絵の具を塗り初めたら、果てしなく大きいことに気が付く。この時点で少し後悔。
葉を採るときは、もっと大きい葉が欲しかったが、このぐらいにして良かったと折り合いをつける。

20170822 060r
葉先や葉の周囲をしっかり塗らないとね。あと、ぬってる間に乾かないように、急げ急げ。

20170822 063r
ふいー。全部ぬったぜ。
絵の具がラメ入りなんだけどどうかな?

20170822 065r
狙いを定めて「はっ」と葉を布にのせ(布をのせた方が良かったか?)、葉先、葉の周囲を丹念に押さえる。葉脈が太いので、葉脈の分かれ目は念入りに押さえた。
20170822 072r
めくります!おおーいい感じー

20170822 074r
できたー
桐拓完成です!燃え尽きましたー

葉っぱのプリントは、使う布が重要。アサとか織があらい布だとうまくいかないことがわかりました。生成りは風合いもあってていいです。夏休みの手作りにどうですか?桐拓
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR