FC2ブログ

オリーブオイルしぼり

20171201 003r
近所の方にオリーブを採らせてもらい、いい感じに熟しているのでネットで作り方をみてオリーブオイルに挑戦してみた。だいたい1Kg熟したのを選び、
20171201 005r
袋に入れて、つぶす。
20171201 009r
中の種が意外ととんがっていて、袋が裂けてしまい、輪ゴムでとめて、応急処置。
20171201 011r
破けないように、そろそろとつぶす。おかげで2時間ちかくモミモミしました。丈夫な袋にしとくか、種は初めに取っておくほうが賢明です。

20171201 016r
もうちょいつぶした方がいいのかもしれないけど、もう袋がありません。
20171201 018r
油っぽくなってきました。
20171201 019r
手ぬぐいに包んで、絞りました。
20171201 022r
これも種が無い方が楽だったかも。
20171201 028r
絞った汁は、ペットボトルを切ったのに入れ、分離するのを待ちます。分離しやすいようにストーブつけて部屋をあったかくしました。
20171201 029r
翌日、上澄みのオリーブオイルをスポイトで吸い取ります。
20171201 052r
吸い取りすぎちゃって、また分離しました。こういう細い容器だと油がとりやすいです。
20171201 054r
さらに上澄みをとり、きれいなオリーブオイルに!1キロから70ml。100mlとりたかったが、袋が限界だった。。。
しかし、たのすいー感動だー。
出来たオリーブオイルは、リンゴの香りがしました。娘は「オサレな味がする」と言ってくれましたが、男どもは味見してくれません。
カプレーゼにかけて、食わせたら「やっぱ、うまいわー」だそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR