FC2ブログ

小学校でアフタースクールあそび

昨日は文京区の小学校で、放課後の講座?遊び?をやりました。当初15人×2回の予定が、大幅に人数増で、初回30人以上いて、2回目20人弱で、総勢50人?!ひー材料そんなに用意してなかったし、道具足りないしあたふた。

20171209 046r
学校でいつもは入ってはいけないと言われている緑地に、みんな入りたくてしょうがなかったようです。もう興奮がすごい。見つけたヒラタケも食べられるキノコだよと言ったら、ぶるんぶるん触りまくり。

20171209 043r
ヤブミョウガの実をつぶして、中の砂のような石のような種も見ました。

20171209 040r
すき間から生えているクスノキの臭いを嗅いだり
20171209 039r
壁から出ているササもみました。
20171209 054r
外で探検後、室内でアオダモの蛍光ペンをやりました。いきなり人数増えてパニックです。
20171209 059r
ぬりえもやってみましたが、水つけすぎちゃってビリビリになり、
20171209 061r
こんなことになっていき、面白かったです。

20171209 072r
探検でゲットしたナツミカンにアオダモを塗っている子もいて、驚きました。UVライトにみかん自体も少し光っているのです。

20171209 080r
帰ってから、ユズにUVライトをあててみました。
20171209 081r
 ミカンの皮が少し光っています。
20171209 087r
食べ終わったミカンの皮も
20171209 088r
写真ではうまく撮れなかったのですが、黄色いしみのようなものが見えます。こんな世界もあるんですねー
やっぱり子どもは、すごいです。いろいろなことをしてくれるので、ネタのもとです。ありがとうございました。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR