FC2ブログ

戸に塗るイボタ蝋

20171213 007r
某企業の森にどんな木が生えているか教えてほしいということで、行ってみると、マルバアオダモの枝にイボタ蝋がついているではないか!
20171215 011r
イボタノキにイボタ蝋が付くのは知っていたが、マルバアオダモにもつくの?とネットで調べると、やっぱりイボタロウムシがつくらしい。
「戸にこの蝋を塗ってすべりを良くするから、戸に塗るからトネリコ」だとか書いてあったが、本当だろうか?
イボタ蝋がついている枝をいただき、持ち帰り、さっそく塗ってみた。
20171215 018r
手で崩すと、ややしっとりさらさらの紙粘土みたい。20171215 015r
死んでる虫が入っているけど、昔の人はたぶん気にしないと思うので、気にしなーい。
20171215 019r
敷居にテッシュで塗ってみた。
20171215 020r
20171215 026r
白い粉が残るけど、気持ちすべりが良くなった気がする。

精製したイボタ蝋は結構高級で、桐たんすのヒキダシや、碁石磨き、レコードの汚れ取りなど、今でも使われている。艶出しにいいみたい。しかし、イボタ蝋もつくマルバアオダモやっぱり素晴らしい!
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR