FC2ブログ

葉脈標本ラミネート箱作り

今日は江東区エコックルにて、木のお話とクラフト
葉っぱの話をして、葉脈標本を作り、ラミネートして箱を作った。
20190127P1270236_R.jpg
結構難しい箱に挑戦する人が多く、でもまあまあできていたのでほっとした。2時間で35分ぐらい話して、低学年の子たちだったけど、意外と積極的に答えてくれてよかった。のこりの時間で葉脈標本をつくって、型紙をきって、ラミネートにうつして、パウチして、きりとって折りたたんで、ボンドでつけてできあがり。手順がおおくて時間が足りなかったかな?でも箱1個はできたよね。2個3個は途中だったかな?
20190127P1270226_R.jpg
最後の15分は、駆け込みで夢中でつくっていて、作品を並べてゆっくり見ることはできなかったんだけど、
いいのたくさんありましたよー
20190127P1270234_R.jpg
しおりのリボンのつけ方が個性的なやつとか
20190127P1270233_R.jpg
葉脈をハリネズミにしたりしてかわいー
20190127P1270215_R.jpg
あと、ラミネートに挟んでパウチしないまま切ってしまうという失敗があったんだけど、紙と一緒にいれたらちゃんとパウチできました。
手順はちゃんと書いておくべきですね。
みなさん楽しんでくださったようで、良かったです。私もこれは新作だったので、時間などあまりよめてなかったのですが、わりとできるもんだなと思いました。今日の子たちは器用な子が多かったのかもしれないけどね。

20190127P1270224_R.jpg
スタッフの方々が手伝ってくださって、本当に助かった。ありがとうございました。
20190127P1270216_R.jpg
押し葉も作っていただきありがとうございました。次も使わせていただきます。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR