FC2ブログ

旦那のばあちゃんは晩白柚の皮だけ食う

20200206P2070003_r.jpg
造園屋さんに晩白柚をもらった。比べているの葉小さいハナユ。
20200205IMG_3556_r.jpg
木になっている感じはこんなだが
20200205IMG_3566_r.jpg
とるとデカい!
20200205IMG_3558_r.jpg
葉もでかい!
20200301IMG_3705_r.jpg
宮崎の旦那曰く「うちのばーちゃんは晩白柚の果肉は捨てて、白い皮を薄くスライスして醤油をつけて食べていた」とのこと
マジかー
20200301IMG_3708_r.jpg
これ捨てちゃうの?!すごく甘いとか酸っぱいとかないけれど、上品なおいしさだよ。なんか花の香りのような感じ
20200301IMG_3710_r.jpg
学校が休みになり暇な娘が手伝ってくれて、「白い皮はなんか鳥肌たった肌みたいー」とナイスな発言。

20200301IMG_3716_r.jpg
白い所を醤油をつけて食べてみた。
うー苦いー
どこがおいしいの?
ミカンの本場になると、ミカンに飽きちゃってこんなツウ?な食べ方になるのだろうか?
それとも宮崎の醤油はもっと砂糖が入っているから、もっと甘さがでるのだろうか?
それでも私は絶対果肉がうまいと私は思った。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR