FC2ブログ

生活科の授業

今日は毎年1日だけやっている学芸大の生活科の授業のお手伝い
大学生さんに面白い木を探してもらった。
学生さんたちが見つけた木を紹介します。
20150530 080r
まさに表情がゆるい、ゆる木ゃらの木。かわいい。気の利いた名前がつくといいなあ.
なんと、顔認識したという。人でも黒すぎて顔認識しないことあるよね。顔認識で木の顔探しもできるってことか!

20150530 084r
これも、顔なのだけど、なんか私が写したのは顔が2つある感じ
上の顔だけ写せばよかったかな。
ここは車の通り道なので、こすって傷がついたんでしょう。「いって!」と言っている表情なのです。

20150530 089r
これはさっきの顔の木と同じ木だけど、角度が違うと「ゾウ」になる
枝があった場所が目になって、鼻がぐいーんと伸びている。

20150530 050r
これは「馬」だそうで、最初「ドラゴン?」と思ったので、写真がドラゴンぽい。
下枝を途中で切るとその枝は枯れることが多いのだけど、この下枝は何度かは枝を出したようだが、枝先はやっぱ腐ってきてます。頑張ったあげくの馬ですね。

20150530 071r
これは逆さから見て、「足を組んでいる所」
イヌザクラにフジが絡んできているのだが、やはりフジは魔性の臭いがぷんぷん
セクシーな感じが出ている。

20150530 096r
これも逆さ系で、「背中」で足が2本逆立ちしているような感じだ。
手前の枝が切られているが、背中の筋は、その枝と入り皮になっていて、へこんでいたのだと思われる。

20150530 065r
これはイロハモミジのこぶだが、ネーミングは「やる気スイッチ」だそう。
なかなか目立つスイッチだ。他にもいろいろな名前があったそうだが、聞きそびれてしまった。後悔

20150530 056r
これは本日最大のやつ
「トトロ」です。
ヒマラヤスギ2本が重なって耳2つになってます。
学芸大にもこんな巨大なトトロがいたなんて、夢が広がるなあー
後で写真を撮ったら、じわじわ面白さが来るのが多く、特に顔系は目があって、学芸大にきたら会いに行くだろう木たちでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR