FC2ブログ

擁壁と私どっちが大事なの?

20151202 130r
某学校へ調査にいったら、入り口に気になるサクラ。
20151202 132r
根元が削られている。たぶんアスファルトやブロックを割ったりして、擁壁をなおす工事で削られたのだろう。よくやられているお仕置きだ。
20151202 128r
太い根っこも切られている。
ここから腐っていくだろうに・・・学校の入り口で、なんでわざわざ危険な木にする?と樹木側からは思うのだけど
構造物をつくる側は、まったく違うことを考えているんだろうね。「ブロックを壊すろくでもない木めー」という感じ?
20151202 137r
根を切られて元気なさげなサクラ。学校で気づいている人はいないのかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
いつも楽しく岩谷さんのブログ拝見させていただいてます。
樹木の扱いってひどいときがありますよね...
町の街路樹のイチョウの木はいつもぱつぱつに切られて見るのがツラいです...
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR