FC2ブログ

小学校で授業今度は4回

20090606 159_R
昨日は南大沢の小学校で4時間授業をした。学校林の散策で、15人×4回めぐりました。やっぱ小学校としては、短時間にまとまった人数を受け入れて欲しいんですよね。そんなニーズに答えながら、地味な生き物たちを紹介したい!
下見でいた、ヒロズコガの仲間。写真のような形のミノの中に入っているガなんだけど、「ブラックジャックでいうヒョウタンツギ的な形」という説明は一部のお母さんだけに受けました。子どもはぽかーん。残念ながら見つけられなかった。

20160526 045r
虫を中心に話をしたんだけれど、女子がくいついたのは
20140807 001r
これ。「いやー何これ?気持ち悪い!」と言いながら釘づけ。
やっぱり子どもには、ある程度やばさといいますか、毒にようなものがないとだめですよね。最後のグループは、この本に夢中でした。
20160415 148r
ある男の子が、梅の実を触った感想を「毛がふわふわでカブトムシのメスみたい」と書いていて、めっちゃ感動。べた褒めしました。本日の講師料はこの子の1行です。ありがたや。ありがたや。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

一昨日はありがとうございました!!!!
落とし物は見つかりましたでしょうか?

昨日は読み聞かせの講習会があり、学校林のボランティアに参加していた方もいて
「子ども達が食いついてたあの本、欲しいよね!」と盛り上がり、
図書司書の先生にお願いしたところOKをもらいました(笑)
私は先生の「街の木のキモチ」を注文し、届くのを楽しみにしているところです〜

Re: ありがとうございました!

おおーコメントありがとうございます!落し物は、私の虫ケースは見つからず、だったんですが、本ありがとうございます。今も本を一生懸命書いてますので、できたらブログでお知らせしますー
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR