FC2ブログ

オージー君キター

20160925 002r
ホームスティでオーストラリアの男の子やってきました。くつでかい。14歳。
20160925 007r
昨日は高尾山へつれていきました。やっぱり背が高いなー。
20160925 020r
ロープウェイにのったら、娘が一番よろこんでいた。
20160925 062r
すごく混んでいて、こんなのしか見つけられなかった。ドカベンで言うイワキっぽいはっぱ。
帰り、お土産を買うのにつきあうと、かなりストレンジ。
長いヘビのぬいぐるみ、サッカーボールみたいな飾り、高尾山Tシャツ、カレンダー、時計、スカーフ、アクエリアスの粉末、大量のグミ・・・
本当は漢字Tシャツとお母さんへ指輪を買いたかったらしいが、サイズが無かった。指輪は広げられるのもあったけど、種類は全然ない。あらためて日本人て小さいんだなーと思った。

20160925 092r
今朝は息子が夏おみやげで買ってきたベジマイトを出してみた。しょっぱくて日本人には「うー」って感じ。
バターぬって食べると、つくだ煮サンドみたいで、旦那は悪くないよと食べていた。単品は無理だ。
20160925 094r
嫌いなものは料理したニンジンで、歯ごたえがイヤなのだそうだ。生は大好き!って言うから洗った人参をまるごと出したら躊躇もなく食べていた。そのままの方がいいなんて、なんてよいアイディアなんだろう。ちょっと切ってわけてもらって息子と旦那も食べていた。オーストラリアンスタイル好きだなあ。
明日はお雑煮を出してみようっと。楽しいー
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ドイツの子供は学校に生のニンジン持って行ってたよ。小学校に給食の時間がなくって、少し長めの休憩時間にかじってる。
前田 満子

Re: タイトルなし

人参はやっぱり生だよねーって世界もあるんですねー
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR