FC2ブログ

街の木ウォッチング出版おいわい会報告

20161216 037r
おいわい会に30年ぐらいぶりの高校の友達も来てくれて、お花をいただきました。テンションあがるわー。
20161216 026r
わざとらしく解説するの図。バショウがどんどん外へ移動しているのが私的には面白かった。バショウとバナナは花のガクの色が違うんだね。バショウはガクが黄色。セブンさん教えてくれてありがとう。

20161216 030r
女性樹木医の参加者がほとんどで、
20161216 034r
敷地をまたいで、勝手に生えているエノキを見て「このエノキの所有権は誰になるんだ?剪定はどっちがするのか?」とつっこみも普通と違います。エノキは植えることはほぼないので、鳥が運んだのですが、縁石で囲われて市民権を獲得してます。
フェンスに食い込んではいますが、勝手に生えて食い込む分は、同情しなくてよいような気がします。

みつこさん手作りのマフィンとお茶しながら、パワポを見せたのですが、自分で言うのもなんですが、面白いように受けました。樹木医相手は打ては響くように通じるので、こっちも楽しかったですわー
高校の同級生も、さすが島根育ち!植物をなにげに見てるんですよねー。参加者は、ほとんど樹木医なのになじんでました。すごいよ。
午前中は、話を聞かせるだけでも難解な小学生相手だったから、なおのこと午後はのびのびさせていただきました。おいわい会を企画してくださったwoo文化部のみな様ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR