FC2ブログ

(社)マチモノに遊びに行きました

20170705 020r
この前社団法人化したマチモノ(社)街の木ものづくりネットワークに遊びに行きました。
オサレな額が壁にかかってます。みんな入っている押し葉の木で額を作ったのだそうです。
20170705 023r
ちょっと!このハゼノキのツートン、かっけー
20170705 024r
うおークワ材って高級すよねー

20170705 035r
上からアカガシ、マテバシイ、シラカシ(赤、ピンク、白)と並んでおります。
マテバはピンクだったんですねー アカガシは高級な木刀になる木 マテバのピンクの木刀作ったらどうなんだろう?

20170705 012r
そしてそして、モッコクが足のイス!
これはすごいでしょ。
20170705 011r
モッコクは沖縄の首里城にも使われた木。シロアリに強いと言われますが、まあ成長が遅いので、昔沖縄では建築に使うのは禁止されていたとか。
そんな貴重材が貴重材として生かされることなく、ゴミっつーかチップや燃料になろうとしていたんですよね。
マチモノにありがとうと言いたいよ。

木を材にしていくのは、とにかく時間と手間、体力がいります。お金も。
木を生かすのも簡単ではないので、うちらも勉強せんといかんとです。(何弁じゃ?)

20170705 028r
代表のゆぐっちが持っているのは、なんとノダフジ!まさかと思う樹種を材にして利用してしまう技術力もすごいんですよね。キュウイフルーツの材もノコのとってにしていた!つるも使えるんだね。
時間があったらずーっといりびたりたいですわ。子どものプログラム閃きましたわーおじゃまさせていただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR