FC2ブログ

割りばし染め2

20170814 045r
割りばしに絵を書いたら面白いかなと、ピーナツバターでハートとか、リボンとか書いてみた。最初油で書いたけどいまいちで、あと、煮だした液が冷めないと溶けてしまう。木は液を吸うので表面を覆うだけでは染まってしまうし、油関係がいいように思うが、どうなんだろう?
20170814 048r
モッコクを煮だした液を冷まして、割りばしを入れ、一晩。

20170814 099r
ビンだと先だけなので、ジップロップでも。ジップロップ染め。

20170814 117r
翌日取り出して、洗ったら。
20170814 109r
うう、びみょー。
まわりが薄い色すぎて、なんだかさっぱりわかんない。
ジップロップで1日つけておくのも、一緒に煮だしたのとそんなに変わらないで染まる。
まだまだ改良の道はつづく。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR