FC2ブログ

お見舞い

昨日は親戚のおじちゃんが退院したのでお見舞いに行った。
20151015 136r
2015年10月看板の丸太から出ていたクチナシが
20171009 018r
2017年10月少し大きくなり、オオスカシバに葉を食われていた。

20171009 022r
おじさんちは、実がなる木だらけで楽しい。ナツハゼがブドウと混ざって植えられていて、なんだかわかんなかった。狭い場所にありとあらゆるものが植えてあって、絶妙なバランスで実が実る。
キュウイフルーツのツルは家をぐるっと一周しそうだ。

20171009 024r
ブドウやミカンのほか、クリやクルミ、カキ、クワ、ナツメ、スモモなどなど。
20171009 029r
前に来た時よりおじちゃんは、動いてた。リハビリを頑張っているようだ。
この絶妙な配置の庭は面白い。まるでカルディ?なーんてね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

看板の上のくちなし

おじさんの退院、よかったですね。いろいろと果樹が植えられている庭、楽しいですね。
ところで、お写真を拝見したら、見覚えのある場所のような。ときどき行く公園の駐車場のような感じです。
看板の上に生えている、くちなしの木は、今まで全く気づきませんでした。ときどき行く公園ですので、今度行ったときに注意してみてみます。もし、あれば、この写真の場所は、私がときどき行く公園なのだなとなりますね。

Re: 看板の上のくちなし

町田の薬師池公園です。ハス田のそばの駐車場の看板です。

薬師池公園

やはり、そうでしたか。今度行ったとき、くちなし、見てきます。
それにしても、丸太の割れ目に生息するとはすごいですね。

薬師池公園

やはり、そうでしたか。今度行ったとき、くちなし、見てきます。
それにしても、丸太の割れ目に生息するとはすごいですね。

Re: 薬師池公園

この写真で場所が特定できるのってすごいですね。コクチナシかもしれないけど、そんなやつです。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR