FC2ブログ

おふくろの味?!魔女ジュース

息子「いろいろお母さんが変なことして、味見とか実験台になってきたけど、あの魔女ジュースはまた飲みたいなあ」

え?それって、もしかして・・・おふくろの味?

20171001 015r
そんなん簡単。外で、もう終わりかけの干からびたぶどうしかなかったが、農薬かかってないから酵母は生きているだろう。
20171001 017r
これを軽く洗って、ちょっと減らしたジュースに入れる。写真のは半分。失敗したときのために少なめにした。

20171001 018r
後は常温で一日1回シェイクする。暑い時は数時間でできることもある。涼しい時は何日かかかります。
スタを開けて「ぷしゅ」っと言ったらできあがり。
ワインになる前に飲むのが魔女ジュース。冷蔵庫で冷やすと発酵が緩やかになります。冷蔵庫でも発酵してパンパンになるので、そーっとぷしゅっとぬきます。お早目にお飲みください。
20171006 010r
こんな感じでぶくぶく。匂いが良ければ成功。臭いが悪かったら失敗です。

20171001 027r
プシュッと炭酸が入った、グレープジュース。グレープジュースでなくても甘ければ発酵します。リンゴでも野菜じゅーすでも。
安いジュースが変わります。少し残して、また新しいジュースに入れて、また発酵できます。
これがうちのおふくろの味?!!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR