FC2ブログ

アオダモの塗り絵

20171128 320r
「楳図かずおの恐怖ぬりえ」小学館集英社プロダクションを買い、アオダモの枝で塗ってみた。枝の切り口に水をつけてぬっただけ。

20171128 321r
ちょっとー相当おもしろいじゃない!
わかったことは、アオダモの蛍光物質はコピー用紙にはとってもよくのるが、他の紙はあんまり・・・
だからコピーして塗っている。

20171128 325r
楽しいノらー
20171128 068r
と、なればこっちも塗りたいでしょう。
20171128 333r
ガラ面×アオダモもあうなー
20171128 071r
やっぱり月影先生の「恐ろしい子」はぬらないといけない。しかし、黒人みたいになってしまった。
20171128 067r
おらあトキだ。めらめらー UVライトを揺らすとメラメラ感倍増。紙芝居もできそうだ。

20171128 329r
となれば、こんな教科書も
20171128 330r
UVライトを当てると魔方陣が!(これは教科書の落書き画像をまねしました。教科書は息子の借りてます・・・)
「教科書に落書きしても、アオダモならバレないね」って言いたかったんだけど、コピーしないとあんまりうまく蛍光色が残らないことがわかり、わざわざコピーして落書きしてもねえ。全然悪くないから面白くないかもと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR