FC2ブログ

「樹木と微生物」参加報告

昨日は京大の名誉教授の二井先生の講義を農大に聞きに行った。(樹木生態研主催)
20171210 002r

20171210 004r
菌根菌の話が面白く、デボン期の陸上植物の化石をぶったぎると、AM菌根の樹枝状のものが見られるようで、この菌根のおかげで陸上に上がれたのではないかと。化石にちゃんと残ってるののはすごい!

20171210 035r
一番驚いたのは、この実験結果。
横軸は、肥料の量で、一番上が菌根菌がいない状態で、下の2つは外生菌根菌をつけたもの。肥料が増えるほど菌根がついている木は大きくなるが、菌根がないものは変わらない。
ということは、根では肥料を吸えてなくて、菌根を介さないと吸えないってこと。がーん。
菌根菌がないことには、肥料をやっても無駄なの?
「根じゃなくて、菌根で吸っているという人もいるぐらい」と先生は言っていたが、本当にそうかもしれないです。

20171210 042r
松枯れで、乾燥が厳しい尾根沿いは菌根菌とのネットワークが充実しているから、雨が降らなくて乾燥しても生き残れて、谷沿いのいつもは水があり菌根を増やしていなかったマツは、乾燥が続くと対応できず、枯れてしまったというのは、納得。

20171210 054r
さらに、森の中の菌根菌は、いろいろな植物のネットワークのようなものを作っていて、
20171210 052r
コナラと共生している菌根菌を通じてキンランは栄養をもらい、生きているようだ。
20171210 053r
葉っぱは緑なのにほとんど光合成せず自分だけでは生きて行けないキンランは、菌を通じてコナラから栄養をもらっているのだそうだ(盗んでいるのかもしれない)。
キンランを盗んで育てようとする人は、絶対栽培無理なことを知るべきだ。このことを看板にでも書いとかないと、育てられるに違いないと思うだろう。キンランもイチヤクソウも見かけ倒しの緑の葉っぱさえなければ、盗掘で減ることはなかったのに・・・

20171210 058r

20171210 069r
あと、もう一つ驚きだったのは、内生菌の話。
海外の事例で、ダグラスファーの葉に潜む内生菌が、葉を食べるタマバエに対して、防御的に働いてタマバエの摂食を阻害するという話です。写真の葉っぱの害が途中で終わっているのがその状況です。
20171210 070r
これが、その内生菌で、いつもは大人しく潜んでいるようですが、タマバエの食害にあうとダグラスファーを守るのです。
すごいですよね。
先生は「ヒトも樹木も微生物の海の中で生きている」と言っていました。
菌様、細菌様だと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

微生物

興味深いですねえ。微生物のおかげなのですね。
こちらのブログのおかげで、いい話を知ることができて、
感謝しております。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR