FC2ブログ

トチ餅作ったどー前編

20171229 033r
去年の年末の大掃除で、1年前にトチの実を拾って皮をむいて干して置いたのが出てきた。
20171229 048r
そうだ、トチ餅を作ろうと、水にさらしてあく抜きを始めた。昔若いころ、秩父でやり方は習ったんだけどほぼ忘れている。ネットで見たら保存してたのは、あく抜きも長くかかるようで、黄色い色がしばらく出てた。私はボールに水をはり、1日3回ぐらいは水を変えて、27日やった。実をちょっと食べて苦いけどいやじゃない程度までそのぐらいかかってしまった。寒い冬でしかあく抜きは無理ね。夏だとくさるわ。

20180126 007r
んで、次は677gのこの実を

20180126 018r
水から熱し、沸騰しかけたら
20180126 019r
灰を実と同じぐらい入れた。灰はザルでふるった。小菅村のおじさんが、「正しい灰だから大丈夫だよ」と言ってくれた灰だ。
正しい灰とは、紙ごみとかそういうのは燃やさないで、木だけの灰ということのようだ。
ちなみにトチの実も小菅村産。
20180126 029r
なんか、同量だと多いなあ。ネットだと実の倍という所もあったが、秩父でやってたのはもっと少なかった。半分でいいんじゃないかと思う。
20180126 033r
一晩おいて、灰を洗い流す。まるでセメント。灰を洗い流すのが大変。
20180126 037r
排水口が灰だらけになってしまった。一方、鍋は灰のおかげで、すごくきれいになった。

20180126 034r

おおーいい感じーとちょっとかじってみたら、恐ろしくまずい。ええーそんなーここまでの苦労は水の泡?と膝から崩れる感じになる。1つ実をゆでてかじってみたが、苦味は消えていたが、きつい酸味があるのだ。灰の味がうつったのか?針葉樹が多い灰なのかしら?本当はコナラクヌギとかの灰がいいとは書いてあるけど・・・

20180126 042r
ネットで調べたら、最初に灰で処理して、その後さらすやり方もあることを知り、灰を落とすがてら、さらしてみた。
1日5-6回水を変えてみたら
20180126 044r
ふやけてとけだしてきたので、また味を見たら、あの変な酸味は消えていい感じ。
よーし次は餅つきだー明日につづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR