FC2ブログ

塗料現場味ウバメガシコーヒー

20161021 022r
ウバメガシを拾って、2週間ほど水にさらしあくぬき(あく抜きロス参照)し、

20180218 002rr
ミルでひいてみた(あく抜きはいろんなどんぐり混ぜてたけど、ウバメガシだけ選んで入れた)
20180218 003rr
特に臭いもない。炒ってからだと堅くて粉にならないので、水でもどせばいいのかと密かに思う。

20180218 004rr
しかし、粉を炒る段階で、あれ?なんかくっついてモチみたい。これはどうなんだろう?
20180218 006rr

ちょっと食べたら、やや苦い
20180218 007rr
もう後戻りはできないので、かたまりごとお茶パックに入れて
20180218 011rr
煮だしてみた。

20180218 013rr
苦味があったほうがコーヒーに近くなるだろうと思ったが、やっぱり玄米茶。しかもなんか・・・ほんのりまずい。

昨日は勉強会に町田に行ったので、来ていた樹木医女子らに飲ませてみたら
「なんか現場の臭いがする!そうだ塗装ぬってる現場だ!」と言われ、「確かに!」と他の女子もうなずく。私も確かめてみたら、本当に塗装の臭いだった。おじ様たちには意外とこの塗装味が良かったのか?「普通においしいよ」と言ってくれた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR