ソメイヨシノの塩漬け

P3270112r.jpg
普通は八重桜で塩漬けは作るけど、ソメイヨシノが手に入ったので作ってみた。ソメイヨシノの花をあらって、
P3270119r.jpg
ポリ袋に入れて塩を入れ、袋の中で塩をよくいきわたせ、
P3270124r.jpg
空気を抜いてしばり、冷蔵庫で5日ぐらい。
20180403 004r
水をしぼって、
20180403 007r
こんなみすぼらしい姿に・・・
20180403 010r
新しいポリ袋に入れ替えて、梅酢をふりかけ、まぜまぜし、
20180403 014r
また空気を抜いてしばり、冷蔵で5日ぐらい。
20180403 092r
ピンクに染まっている。
20180403 095r
一輪づつほぐして、陰干しする

20180405 010r
乾いたら袋に入れて保存。今回はちょっと塩が少ないと感じたので塩を袋に入れておいた。
20180403 037r
一重の桜でも八重に負けないぐらいきれい。香りもする。というか香りのクマリンは柄やガクから出るんだと思う。
20180403 050r
八重の桜で作ったケーキとツーショット。
ウコンとかギョイコウでも作ってみたいなー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

桜の花の塩漬け

ソメイヨシノでもきれいな桜の花の塩漬けができましたね。
梅酢で色付けするのですね。八重の桜でもそうするのでしょうか?
ソメイヨシノの桜湯と八重桜のケーキ、とても美味しそうです。
色々と上手に手作りされること、いつも感心しております。
ところで、ご実家のほう、地震の被害はなかったですか?
ご無事であったことをお祈りしております。

Re: 桜の花の塩漬け

実家は大丈夫みたいですが、兄弟の家は意外と被災地で、片づけ大変みたいです。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、森林インストラクター第1期の試験を受け、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医になる。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社発行。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会発行(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR