FC2ブログ

オオゴムタケの黒蜜あえ

20180623 010r
町田にオオゴムタケが生えていたので、みんなに見せた。

IMG_0415r.jpg
20180623 196r
触らせると「えーぐにぐにしてる」と子どもらは「キモイキノコ」と呼んで、絵を描いてくれた。

IMG_0414r.jpg
断面を見せるとさらに驚かれ

IMG_0423r.jpg
皮をむいたら、見る影無くなり、

IMG_0424 (1)r
さっとゆでて
IMG_0425r.jpg
ざるに取り、冷やして
IMG_0428r.jpg
黒蜜をかけてさあ、めしあがれ。
例のごとく、見かけはわるいんだけど食べた人はうまいといってくれました。
「もっとオシャレに盛り付けるとすごい料理になる」と言ってもらいましたが、私はこれが限界です。
「カリンチョコも味がおいしいのにあの見かけ、見かけを気にして作ればgodivaだよ」と褒められニヤニヤしました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR