FC2ブログ

福島のタラヨウ

20180725 157r
福島白河に教員向けの講座で呼ばれ行ってきました。大学の友人のつてで行ったので、友人がいろいろ連れて行ってくれました。
ワサビ田からのせせらぎ、超涼しいです。
20180725 167r
街はカラカラに乾いているのに、ここは別世界。山水が染み出しています。水量はいつもより少なくなっているらしいですが、なんて尊い光景なんだろう。
20180725 147r
染み出てる場所を利用してワサビ田を作ったそうです。上のワサビ田は成長がいいが、下へいくほど無機養分がへるのか、成長が小さくなるようです。
20180725 161r
ワサビもいただきました。すりおろして、コンビニで買ったソバに入れて食べました。うんめー

20180725 110r
友人実家がやっている桃畑も。まだモモは早かったのですが、甘さ控えめの硬めのモモをたくさんいただきました。リンゴみたいに食べられます。
20180725 116r
おばちゃんが、「あまりないよー」と言いながらいっぱいくれました。これから甘いモモがたくさんとれることでしょう。桃源郷だわ。
20180725 070r
福島にはタラヨウは植えてないんだろうと思っていたら、名木になっているのがあって驚き。
20180725 075r
写真ではあまり伝わらないと思いますが、すっごく元気で立派です。お家の人が親切に「葉っぱもってけ」とたくさんくれ、講座で使いました。お家の人は「大きくなったから切りたい」なんて言っていて、不安です。

友人は先生やっているんだけど、なんか精神的に疲れてた。夏休みぐらいのんびりしてほしいな。
福島から帰ってきたらサウナ?と思うぐらい暑く、すぐに戻りたくなりました。福島やさしい人多くて、涼しくていいとこです!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR