FC2ブログ

シラキちゃんのくるくる

20181009PA090757_R.jpg
昨日はどんぐり拾ったり、枝をもらいに行ったり仕入れ。「どんぐり拾って疲れたわー」ってどんな仕事じゃい?と旦那につっ込まれる。
そして見つけたシラキちゃんの実↑
殻がなぜこんなにくるりんしているの?かわいー
20181009PA090758_R.jpg
中の種はヒョウ柄っぽい

20181009PA090775_R.jpg
あんまり見ないアズキナシ
20181009PA090774_R.jpg
十字の皮目が目印だよと教わる。おおーなんかかっちょいー樹皮!

20181009PA090818_R.jpg
ハイノキもあまりないので、葉っぱだけだとなんだっけ?となるが

20181009PA090813_R.jpg
私はこの実を「鼻くそ」と名付けていたようで、友人に「ハイノキは鼻くそで覚えたよ」と言われる。まじか!

20181009PA090815_R.jpg
その鼻くそをアップで見ると、カタツムリのようなぐるぐるがある。
こうやっていじりたおして、あんまり覚えてない樹木と仲良くなって、覚えていくのであります。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR