FC2ブログ

カヤクッキー#渋抜き

20181102PB020174_R.jpg
カヤの実でクッキー焼きました。
20140903 219r
カヤの実(ほんとうは種子)、緑の仮種皮につつまれている
カヤの実は炒ればそのまま食べられると思っていたんだけど、このカヤはとんでもなく渋くて、食べられない。せっかくたくさん拾ったのに・・・
20181017PA190926_R.jpg
ネットでアルコールにつけたら渋みが抜けたというのを読んだので、ちょっと試すことにした。

20181026PA261166_R.jpg
1日ではさすがに抜けなくて、おえーという渋さ。
1週間放っておいたら、焼酎が濁ってきて、そしてカヤがかなり焼酎を吸い、膨らんできていた。食べてみたら、まだしぶいけど食べられる!焼酎を入れ替えてさらに放置することにした。
20181030PA300021_R.jpg
2週間たって炒って食べてみたら、渋さはほぼない!やったー カヤの渋抜きの方法は灰や重曹などでやる方法もあるようだが、アルコールは放置でできるので楽だ。さっそくざっと洗って干す。
ちなみにサンシュユもアルコールにつけたら抜けるかとおもったが、つけてしまうとまったくおいしくない。サンシュユは焼酎はしませたペーパーが良い。

20181101PB010146_R.jpg
マチモノさんに教わったウオーターポンプフライヤーで割る。どんぐりより、殻が周りによく飛ぶなー

20181101PB010150_R.jpg
油が多そうな実なので、生の実をすり鉢でつぶしてみた。いい感じにつぶれます。

20181101PB010151_R.jpg
それをバターと砂糖とまぜて、小麦粉とまとめて
20181101PB010153_R.jpg
棒状にして冷凍。

20181102PB020161_R.jpg
包丁で切って、180度オーブンで13分焼いてできあがり
焼きたてはぼろぼろしちゃうけど、焼き立てが香りがあっておいしい!さめると固いなー
よーしこれを4日にピザ窯で焼いてみんなに食わせよう。うしし
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR