FC2ブログ

メタセコイアの冬芽は瘤取りじいさん

20181217PC171032_R.jpg
冬芽図鑑で見てはいたけど、メタセコイアの冬芽って、葉痕落枝痕の下につく。
20181217PC171037_R.jpg
2個ついているのもあり、こぶとりじいさんっぽい。
20181217PC171029_R.jpg
葉の下に芽があるでしょう。多くの木は葉痕の上に芽があるのに。なんでなんだろう?(←後で落枝痕とわかり、枝なら枝下に芽があっても普通と思いました。ご指摘ありがとうございました。)

20181217PC171043_R.jpg
メタセコイアの枝を見ることができたら、ぜひ見てください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メタセコイア 

葉痕では無く本当は落枝痕ですね。

そうとするといいかも?

ウワミズザクラは上下左右から出てきますよね。

下からだけというのは?

そもそも何で上から出てくるのでしょうか?

他に同じような例はないのでしょうか?

私が一番???と思ったのは

コゴメウツギの枝の出方です。

今写真が直ぐには出せないんですが

一部で変わった出方をします。

Re: メタセコイア 

ご指摘ありがとうございます!おっしゃるとおり落枝痕ですね。他の方からも指摘を受けました。不勉強ですいません。コゴメウツギの見てみます。勉強になります。ありがとうございます。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR