FC2ブログ

滄浪泉園で観察会報告

昨日は小金井市の滄浪泉園40周年イベント。3つの講座の1つを担当しました。申し込み不要なので、参加者はあけてみないとわからなかったので、本当にくるのかなーと思ってました。
 以前小金井で学生さんが子ども向け講座を企画してくれたんです。でも、来たのは大人だけだったんですよね。そんなこともあり、まあ来ても子ども数人だろうとタカをくくっていたら、予想に反してすぐに100人定員になり、子どもも低学年が結構いました。
約30人×20分×3回やんなきゃいけない。やばい。
一応園内にムクロジの木があったので、子どもが来るだろうとムクロジの泡だてをやろうとペットボトルを用意したんだけど、10こしかない。3グループに分かれて同じことを3回やるんですが、ペットボトルをその都度洗うのに大わらわ。職員の人に頼んだりしてなんとか乗り切りました。
子ども向けで、ムクロジの実で泡だてるのは本当に鉄板で、新規に導入した100均で買ったホイップリン(洗顔フォームを泡立てる道具)ではめっちゃ泡立てることができました。
事前にやってみたのはこちら、これよりすごい泡でした。↓
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-1602.html

みんな楽しそうにやっていたんだけど、残念ながら私のところだけ取材にきてもらえてなかったようで、本当に残念。終わった後で取材されたんですが、子どもたちの表情をぜひ見てもらいたかった。
めっちゃ忙しかったので、写真がまったくとれませんでした。なのでムクロジショットで、お送りします。

20160630 030r
ムクロジの実、黒い種の中身は炒って食べれるよ。
20160226 147r
秋から春にかけて実がちょっとづつ落ちます。冬が取り時かな?まだ枝に残っている木もあるよ。
neta 005_r
羽子板の羽に黒い種は使われます。子どもの健康を祈って。ムクロジは無患子(患わない子)と書きます。
20170618 135r
葉は偶数羽状複葉です。たまに小葉がずれて、奇数羽状複葉にみえることがあります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR