FC2ブログ

マツボックリサイダーは黒ビール?

20190626P6262212_r.jpg
昨日は横浜で講座をして、トウネズミモチコーヒーとマツボックリジャムを試食してもらったのですが、あんまりマツボックリのほうは積極的に来る人はいなかったのですが、食べた人は悪くない感じでしたよね。ご参加いただき、ありがとうございました。
残ったジャムをスタッフの女子たちが食べてくれて「好きかも―」と言っていたそうです。
はじめロシアではあまり果物がないから、しかたなく食べたのかと思っていましたが、単純においしいからなんだと思いました。
ロシアではもっと変わったジャムのようなものがあるそうで、ナスやらベーコンやらもジャムにいれちゃうから、チャレンジャーですよね。
それで懸案の、「マツボックリジャムを炭酸で割ると黒ビール」というのをやってみました。

20190626P6262211_r.jpg
濃い目のカルピスぐらいの濃度?赤い色がきれいです。
飲むと、うんわかるよ。言いたいことは。黒ビールのまったりとした後味とか似てるかも。
ただそっくりかと言われると、そうでもないような。他人のそら似的な?
ジャングルポケットのボケの人(斎藤)と松潤ぐらい似てるかな?
口の中が製材所とか書いてあったんだけど、わりとおいしいと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR