FC2ブログ

夢の島でアオダモペンとあわあわしました

つかみ良ければ独壇場_r
夢の島熱帯植物館で「森の学校」で講座参加させていただきました。
最初にアオダモペンをやったら、やはり夢中になってくれて、「もう飽きたでしょうー」と声をかけても、「まだーもっとやりたいー」とやってくれました。アオダモを最初にやると、やる気があまりなかった子もやる気が出てきます。アオダモの枝もだけど、液を持って帰る子もいましたよ。
20190907IMG_2749_r.jpg

20190907DSCN1674_r.jpg
樹木医になろうという連続講座に乱入したような、助っ人にきたような形になってしまいましたが、講師の大島氏にはいろいろつないでいただいて感謝。身体で樹高をはかったりも子どもたち元気にやっていました。人の教えるのを見るのも参考になるのよねー

20190907DSCN1689_r.jpg
ムクロジの洗濯遊びは、やはり子どもたちには鉄板ですねー。炭とクスノキの葉っぱを入れるのが今回の流行りでしたね。

20190907IMG_2754_r.jpg
植物園のそばに第五福龍丸の展示があり、寄ってみた。
20190907IMG_2758_r.jpg
ちょうど今読んでいる本に出てきて、実物が見れるなんて思ってもみなかったんですが、やはり実物を見たほうがいいと思いました。
夢の島熱帯植物館に行ったら、ぜひお寄りください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR