FC2ブログ

ナツメもぐもぐタイム

20190921P9210182_r.jpg
昨日は緑と水の市民カレッジで、初心者向け樹木学 体験!樹木のふしぎ 夏編
樹の基礎知識「過去から推測、木の形」をやりました。
昨日もほぼ木で笑いが取れた感触!良かった!
初めての試みで、↑の写真を使って、写真の樹がどこに実をつけるか、どこに枝を伸ばすかなど考えてもらいました。
答えは実際の木の1事例なので、皆さんが書いたのもあながち間違ってはいないことを言っておきます。
大事なのは予想して考えることです。

20190920P9200171_r.jpg
そして講義の後には、もぐもぐタイム。ただし、ナツメの葉を噛んでから、甘いものが甘くなくなるという実験。
「どれが一番残念か」がテーマ。参加者は「これがまずい」とまずさを吟味していました。

20190920P9200167_r.jpg
↑は終わってからスタッフともぐもぐタイム。
20190920P9200169_r.jpg
改めて「うわー金平糖はじゃりだ」と確認
20190920P9200170_r.jpg
やはり金平糖は石から砂になる歯ざわりで、かなり残念。
20190920P9200172_r.jpg
綿菓子もやはりテッシュだった。
饅頭は甘くなくてもおいしかったのか、ナツメをせずにおいしく食べたのか?あっという間になくなったのが面白かった。

*シンゴさん!懐かしいメッセージ届いてますけど、返事が行ってない?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR