FC2ブログ

肥大シーズン

今日は、いつも見ているプラタナスの樹皮に注目してみます。
pura2011-6-9.jpg
2011年6月9日の樹皮。

pura2012-5-22.jpg
2012年5月22日の樹皮。2011年の夏にぽろぽろ樹皮がむけ、2012年6月まで同じ柄です。

pura2012-7-13.jpg
そして2012年7月13日 皮がむけ始めていました。今、まさに年輪を太らせているのです。

20120713 025_R
ただ、普通のプラタナスだったら、成長が大きいので、べろーんと大きく皮がむけるのですが、この木は電柱のように切られているので、あまり太くならず、皮もちょっぴり剥けるだけ。それでも春から頑張って葉を広げて、光合成をして稼いでいたんだなあ。当然のことなんだけど、感心してしまう今日この頃です。
この木の全体写真はこちら↓
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-221.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR