FC2ブログ

ブーゲンビリアと焼き鳥の誘惑

セキュリティーソフトをオフにしたら、挿入できましたー
て、ことはいちいちオフにしないと更新できないんすか???

まあ、とりあえずいいや
土曜は樹木医会の会議があって、飯田橋に行った。飯田橋もなんだか観光地っぽい匂いがする街だ。駅からしてクズだらけだし、なんだかワクワクする。総武線は好きだなあ。
20120909 041_R
その飯田橋の駅のそば ブーゲンビリアが咲き乱れていた。ブーゲンビリアと焼き鳥の提灯とダブルで誘ってくる。思わず誘惑に乗りたくなる。

20120909 040_R
やっぱり都内の気候は、すでに日本じゃないのかも。南国だ。東南アジアの焼き鳥屋だ。

ブーゲンビリアと焼き鳥の誘惑をふりきって樹木医さんたちと「日本海」という飲み屋に行ったというのに、新井さんはピザ頼んでるし・・・ピザ置いてるし・・・店員さん日本語たどたどしいし・・・もっと日本を満喫しようよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

わ~、ここ通勤で毎日通ってます♪
そうなんですよね、もじゃもじゃっと毎年きれいに咲いてます。
都心というのに庶民的な趣の飯田橋ですが、どんどん「再開発」の浸食で無機質になってきて悲しいです(便利になった部分も享受しているわけですが)。

Re: タイトルなし

あまり総武線を使ってなかったので、今更ながら魅力を感じてます。私も昔学生のころなど通ってはいたのに、都会だと思い込んでいたんでしょうね。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR