FC2ブログ

投稿第88号キリキリ天国

うさこぉさんから投稿来てます。ところで、なんでうさこぉなんだろ?

「会社の近所の某餃子の王将の一角で、キリたちが頑張ってます。キリ好きにはたまらん場所かも。6月に撮ったものと9月に撮ったものとでは、天国具合が違います。心なしか葉っぱは6月の方がちょと大きめかも。がんばれ、キリ1号。2号。その他。でも、そのうち切られちゃうんやろなぁ。」

とのことですが
6月のきりきり_R
これが「6月のキリキリ」

9月のきりきり_R
「9月のキリキリ」

比べると改めてキリの成長の早さがわかりますね。定点で見るといいねえ。全国ではやるといいのに。
キリキリ天国のネーミングいいですね。うさこぉフレーバーが出てます。
キリたちがお風呂に入っている感じがします。しかしこんなに出ちゃって、大きくなっていくとぎゅうぎゅうですね。自ら狭くしているような・・・さすが隙間好き

すき間に勝手に出る奴らの中には「初めからここにいたよ」的な顔して「なりすます」木がありますが、キリは葉がデカいし、成長が派手だから、すぐ邪魔だって思われてしまいます。「なりすまし」はことごとく失敗する子なんですわ。
キリキリ天国のその後も見たいです。うさこぉさんありがとうございました。またよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR