FC2ブログ

うんこ木栄枯盛衰

先日オーガニックガーデンマイスター講座で、伊沢御大とノグソについて話していたら
やはり導かれたかのように、「うんこ木」と再会!うんがいい!
うんこ木については↓
http://machinoki.blog100.fc2.com/blog-entry-357.html

20120208 016_R
2012年 相変わらず、冬になると枝を切られ、うんこそっくりないでたちになるこの木

20120623 008_R
2012年6月 葉が出るとクワノキだとわかります。しかし今年はなんだか元気がないのかな?てっぺんの皮がむけて死んでるかも
楽しめるのもそう長くないのかなと静かに思っていました。

20130506 110_R
すると昨日、仲間?が・・・
いきなり別の花が満開じゃないですか!ペチュニア?
ペチュニアにすっかりキャラを食われて、クワの木は影が薄く・・・現に元気なく、かつてあった絶大な存在感がない。
同情しつつも

写真がすごく撮りやすい。

以前「あの人ウンコ撮ってる」と後ろ指指された私であったが、これなら「花を撮っている」と一般的に思われるだろう。
良く見るとクローバーやらいろいろ生えていて、うんこ木の時代の終わりを感じさせる。おうちの人も「この手があったか!」と喜んでいるのかもしれない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR