FC2ブログ

家事手伝いの樹木

昨日は娘と堀先生の講演を聞きに行った。息子栃木で試合で、朝5時起きで、電車に乗ったら天国のように睡魔が襲い、電車降りたら寒くて、眠くて地獄でした。

先生曰く
防音・防塵・暴風・防火・気温緩和などなど、いろんな役割を果たすために植えられた樹木だが、そういう役割を果たすには葉っぱがないことには効果が薄いとのこと

そうよねー

そういう木の役割についても知らない人は多いし、かといって過剰に期待されても・・・木は自然のものだしねえ。そんなに人間に都合よくできてない。

20140103 023r
最近防塵・防火・防音・・・などあんまり目に見えないことより、目に見える働きを木に求められているように感じる。
木も働かないと、存続が危うくなるんじゃないだろうか。(見えないところで働いているんだけどね)
「突っ立ってないで、洗濯物を干しなさい!」とこのサザンカとキンモクセイペアは命令されているようだ。
(2本の木の間に洗濯用の棒がぶら下がってます。)
花より労働ですかね・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR