FC2ブログ

枝の始まり

「枝の始まりの年輪、横断面はどうなっているのか?」という質問を受け
うちのユズの枝を切ってみました。
20141009 059r
これは、枝が2本に分かれる部分です。真ん中の出っ張ったところが始まるところが枝ができたときです。下の木片の下面。
20141009 053r
まず分かれている部分の年輪を見ましょう。右に新しい枝が2本ついていて、ややこしいですが、これも興味深いです。

20141009 046r
これは中間部分(真ん中)の断面。2本だけどくっついてます。

20141009 056r
これが下面
このあたりが枝が分かれる部分でしょう。
この枝は一年枝の時に分岐したんでしょうね。
しずつ削ると髄の位置が代わってきて、面白かったです。
やらなきゃいけない仕事から逃げるのにちょうどよい質問をもらったなーと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR