FC2ブログ

衝撃のラッコ

今日は3人で部活をやったのだけど
20141025 071r
ハクウンボクなのだが、ナンバリングしてある所が、貝のようになっていて
まるでラッコがナンバーを抱いているような・・・

20141025 061r
まわりのハクウンボクを見ると、ナンバーテープを飲んでいるのがあった。

20141025 060r
これは食い込み初期。右側は飲み始めている。
樹木調査で、よくナンバリングしているが(ナンバーテープをホッチキスでとめるような感じ)
こんなになるのは初めて見た。気になって公園の他の樹種を見て見たが、ハクウンボク以外はこんなことにはなってなかった。
ハクウンボクは樹皮が薄いからだろうか。でも同じように皮が薄いサルスベリはこんなになったの見たことはない。
ハクウンボクは、傷に過剰に反応しちゃうタイプなのだろうか?

部活のみんなでこの現象は、ラッコだねと決まったのだった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR