FC2ブログ

ヒイラギナンテンの香り

うちのヒイラギナンテン
20150325 021r
特に目立つこともなく、植物に関心のないうちの旦那にとっては、存在さえ知られていない。通るときに葉のトゲが痛いぐらいの存在だ。
20150325 016r
そんな地味な子なんだけど、花が咲くとすごくいい香り出してる。
そして良く見たら紅葉している。(中途半端な紅葉ですが)
20150325 020r
近くで見るときれいじゃん。おしべを触ると、ぴっと動いて花粉をつけて楽しいし
匂いがこんなにいいとは気が付かなかった。咲く時期が、花粉症で鼻がきかないときが多いからね。
花のそばは、上品な香りがしますよー
この後、新芽が出るときもかなり個性的(過去にブログで紹介したと記憶してる)なので、実は春が一番見どころの植物かもしれない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ビックリしました。
たまたま今日写メして投稿しようと思ったのですが、やめました。(笑)

なんとなく蝋梅のような香りで良いですね。(笑)

Re: タイトルなし

そうですよね。意外ですよね。結構咲いてるのに、いままで気がつかなかったというものが沢山あるのではないと思いました。
プロフィール

Author:iwatani minaeなみふぇ
岩谷美苗
1967年島根出身。東京学芸大学卒業後、たまたま女性初の森林インストラクターとなる。味をしめて樹木医の試験も受け、1998年に樹木医に。調子にのって2000年にNPO樹木生態研究会を設立し、樹木調査を始める。かろうじて結婚してもらい、一応2児の母。現在、街の木らぼ代表。
著書「図解樹木の診断と手当」2002年農文協発行 共著。
「街の木のキモチ」2011年山と渓谷社。「街の木ウォッチング~オモシロ樹木に会いに行こう」2016年学芸大出版会(全国学校図書館協議会 第50回夏休みの本「緑陰図書」に選ばれました)「樹の手帳」2017年東京書籍。「子どもと木であそぶ」2018年東京書籍


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR